ニューヨーク市警のスマート「フォーツー」が街をパトロール!
Related Gallery:NYPD Smart ForTwo

ニューヨークの警官たちの元へ、ピカピカに輝く新しいパトカー250台が、まもなく届けられる。威圧感のあるダッジ「チャージャー」フォード「F-150」ではなく、ニューヨーク市警(NYPD)がオーダーしたのは警察仕様のスマート「フォーツー」だ。バックミラーに映りこんでもドキッとすることはなさそうだが、市街地を走るには"スマートな"選択だし、実際に運転する警官にも喜ばれそうだ。


これまでパトロールに使われていたのは3輪バイクだったが、フォーツーに変わることによって、快適さや安全性、そしておそらく騒音のレベルまで改善されることになるだろう。フォーツーのコンパクトなサイズと、わずか3.3mの最小回転半径は、狭いニューヨークの道で役に立つこと間違いなしだ。最大の改善点は、バイクと違ってエアコンがついていること。NYPDのラルフ・ジェファーソン巡査は、スマートを「広々としていて機敏、仕事もやりやすくなる」と表現している。彼はまた、市民はこのクルマを可愛いと思うだろうとも言っているが、確かにそのとおりだ。

スマートは、フォーツーを警察仕様にするために、それほど多くの変更を加えたわけではないが、屋根の上にブルーの回転灯、そして内部には警察用の無線を追加している。さらにNYPDの象徴的なホワイトとブルーのカラーリングが施され、一目で警察車両と分かるようになっている。すでに100台のパトカーが納車され、残りも近日中に加わる予定だ。ドバイ警察のスーパーカー・コレクションほどエキサイティングではないかもしれないが、職務はきちんと果たすはずだ。


By Joel Stocksdale
翻訳:日本映像翻訳アカデミー