スマート、航続距離もパワーも向上した新型「エレクトリックドライブ」を発表
Related Gallery:2018 Smart ForTwo ED coupe and cabriolet

ダイムラーのシティカー、スマートモデルチェンジして2年が過ぎた今、同車の電気自動車(EV)バージョンが間もなく開幕するパリ・モーターショーで公開となる。この電動スマート「フォーツー エレクトリックドライブ(ED)」は先代モデルから各部が改良され、再びクーペとコンバーチブルの2タイプが用意される。さらに今回初めて4人乗りの「フォーフォー」にもEVモデルが設定された。

先代モデルからシャシーと外観が大きく変更された新型フォーツーEDだが、最大の進化は充電時間が短くなったことだろう。家庭用240Vの電源で急速充電を使えば、2時間半でフル充電が可能になった(米国と英国の場合)。先代モデルは同じ条件で約6時間かかっていたので、充電時間は半分以下に短縮されることになる。また、わずかながらパワーアップも図られている。リアに搭載されたモーターは最高出力81ps、最大トルク16.3kgmと、先代モデルの74psと13.3kgmを上回る。資料によると新型クーペの0-100km/h加速は11.5秒で、先代型クーペよりも0.1秒速い。最高速度も5km/hほど上がり、130km/hで電子制御リミッターが作動する。

そして肝心な航続距離に関しては、新欧州ドライビングサイクル・モードで160kmと、先代の145kmから10%向上している。日本のJC08モードで先代は181kmだったので、欧州の試験サイクルと同様に10%伸びると仮定すると、単純計算では約200kmになる。バッテリー容量自体は17.6kWhのまま変わっていない。



新型フォーツーEDは先代モデルから他の特徴も引き継いでいる。例えば、専用のエレクトリックグリーンで塗られたセーフティセルとミラーキャップのアクセントは、新型でも提供される。ただし、上の写真のようなブラバス仕様のカブリオが販売されるのは今のところ欧州のみの予定だ。また、新型スマートEDも「スマートコントロール」と呼ばれるアプリに対応し、オーナーはパソコンやスマートフォンで充電場所を探したり、充電状況をモニタリングしたり、充電やエアコンの設定を調節したりすることができる。エアコンの制御機能を用いると、ドライバーは出発する時間に合わせてキャビンを最適な温度に設定しておけるので、走行中に室温を調整するために貴重なバッテリー電力を使わなくても済む。充電設定で利用可能なオプションでは、電力使用のピーク時を避けて充電が調節されるようにすることも可能だ。これによって充電時間が長くなるかもしれないが、電気代は抑えられる場合がある。

新型スマートEDのドイツ本国における税込み価格は、フォーツーのクーペが2万1,940ユーロ(約248万円)、カブリオが2万5,200ユーロ(約285万円)、フォーフォーが2万2,600ユーロ(約256万円)となっている。


By Joel Stocksdale
翻訳:日本映像翻訳アカデミー