「メルセデス・マイバッハ S 600 プルマン」に防弾仕様が登場!
Related Gallery:2017 Mercedes-Maybach Pullman Guard

メルセデス・マイバッハ S 600 プルマン」が素晴らしく豪華なクルマであることからも分かるように、常に世の中のラグジュアリーな場所にのみ身を置いている人間は一定数存在するものだ。寡頭政治の支配者や独裁者、怪しげなビジネスを操るボス、そして恐らくは、世界中の名だたる"正当な"リーダーたちですら、皆ラグジュアリーを愛している。しかしそういった人々は、クルマでの移動中に危険な目に遭うこともあるので、ラグジュアリーと同時に身の安全も求めたがる。そんな彼らにぴったりのラグジュアリーカーが、防弾仕様の「メルセデス・マイバッハ S 600 プルマン・ガード」だ。

このメルセデス・マイバッハ S 600 プルマン・ガードは、「S 600 ガード」や「メルセデス・マイバッハ S 600 ガード」を含むSクラスの防弾仕様車の中で、最上級に位置するモデルだ。通常のプルマンと同様、キャビンにはレザーが贅沢に使われており、シートはほぼ無限とも思えるほどに調整が可能、後部座席の乗客にはたっぷりとした空間が用意されている。全長はSクラスの中でも格段に長く、メルセデス・マイバッハ S600より1m以上も長い。そのお陰で後部座席は対面で2シートずつ、計4シートの配置が可能だ。このような車内なら、外交官をもてなすにも契約を締結するにも最適と言えるだろう。外交には縁がないという人も、縄張りの拡張や敵への最後通告、反対派への脅しなどに使えそうだ。このプルマン・ガードは標準のプルマンをベースに作られているため、防弾仕様を施していても、室内空間は犠牲にされていないのだ。

Mercedes-Maybach S 600 Pullman Guard. ;

Mercedes-Maybach S 600 Pullman Guard.;

しかし重さには影響が出ており、車両重量は5.1トンにもなる。その代わり、ボディのサイドとフロアに使われている鉄板やポリカーボネートで強化したウィンドウは、銃弾や爆発から乗員を守ってくれる。6.0リッターのV12ツインターボ・エンジンは最高出力530ps、最大トルク84.6kgmを発生し、安心感と重量の増した車体を力強く推し進める。

しかるべき権威がこのプルマン・ガードを発注する場合は、サイレンや点滅ライト、トランシーバー、緊急時のスターター用バッテリー、拡声器システムなども追加できる。こうしたアイテムは、抗議者があふれる道路を進むような時には間違いなく役立つだろう。

もちろん、防護装備の追加にはそれなりの費用がかかるものだ。この防弾仕様車も皆さんが支払える額では到底ないが、気になる方のためにお伝えしておこう。標準仕様のプルマンが約50万ユーロ(約5,650万円)であるのに対し、プルマン・ガードの価格はなんと、140万ユーロ(約1億5,800万円)。富を欲しいままにし、しかも生命が脅かされているような人にとっては、この法外な金額を支払うだけの価値があるクルマなのだろう。


By Joel Stocksdale
翻訳:日本映像翻訳アカデミー