Supertaikyu Round4
 嬉しい誤算のスーパー耐久第4戦だった。富士9時間耐久レース「スーパーTEC」でいきなりの速さを披露することができたのだ。
 その前にまず、ここまでの流れを説明しておこう。2016年のスーパー耐久参戦を企画したのが開幕戦直前である。慌てて準備をしたものの、開幕戦にはマシンが間に合わず断念。第2戦菅生からのエントリーだったのだが、突貫工事でのマシン製作は、とりあえず走るようにしただけ・・という初級段階であり、戦闘力がまったく欠けていた。


<第3戦鈴鹿>
 続く第3戦鈴鹿も、菅生からのインターバルがなかったこともあり、ほとんどマシンのアップデートをすることもできずに参戦、首の皮一枚で予選通過という情けないレース。その模様は前号で紹介している。
 そして迎えた富士ラウンド。国内最長のレースは9時間、エントリー台数も最多であり予選落ちもある。そこで我がキャロッセは、鈴鹿終了後にマシンをバラバラにし、戦闘力を高めてサーキットに持ち込んだのだ。

Supertaikyu Round4 Supertaikyu Round4
 すると、いきなりAドライバー予選でトップタイムを記録。ラーマン山田の神懸かり的アタックで、最強チームのGAZOORacingを抑えてしまったのだ。続くBドライバー予選は僕、大いに鼻息を荒くして挑んだものの、新品タイヤでのアタックがトランスポンダー(ドライバー識別プラグ)交換ミスで無効というミス。新品タイヤでのアタックチャンスを逃しながらも、仕切りなおし。

Supertaikyu Round4
 AドライバーとBドライバーのタイム合点では、それでもポールポジションを獲得したGAZOORacingの真横のグリッドを確保したのである。
「まったくノーマークだったよ(笑)」
「いきなりどうしたの?(笑)」


Supertaikyu Round4
 ライバルが異口同音にそう言うほどの大金星だったのである。ライバルはもうすでに4年目だからノウハウをしこたま抱えている。こっちはわずか3戦目のひよっこチームなのだ。誰もが腰を抜かしたのも想像ができる。一番驚いたのは、我々だったのかもしれないけれど・・・。

Related Gallery:Supertaikyu Round4
Supertaikyu Round4
 そう、予選は予想を上回るグリッドを得たのである。となれば、決勝への期待は高まる。なんせ今回も、ビックネームを助っ人に招聘していた。レギュラーのラーマン山田と僕に加え、これまではスーパーGTのスターである大嶋和也とコンビを組んでいた。その大嶋がGAZOORacingのCドライバーになったことで急遽、国本雄資と橋本洋平に声をかけたのである。

Supertaikyu Round4 Supertaikyu Round4
 国本雄資。いまさら言うまでもないだろう。スーパーGTではレクサスRC Fで速さを披露しているし、スーパーフォーミュラーでの表彰台経験もある。橋本洋平は売れっ子ジャーナリスとであり、自ら86カップに参戦するトップランカーである。

Supertaikyu Round4
 ちなみに今回の富士ラウンドは9時間耐久であり、灼熱が予想されていた。最低でも5回のピットインが定められており、一般的には4名のドライバーでチームを構成するのがセオリーだったのだ。それにしても、助っ人として素敵すぎるメンバーである。

「大嶋和也の次は国本雄資かよ、ずるくない?」

Supertaikyu Round4
 パドックではそう叩かれるのだが、気にしちゃいられない。速いドライバーを並べること、それが勝利への近道だと知っているからである。

「次はニコ・ロズベルグにするつもり・・」 そう反論しているほどなのだ。

Supertaikyu Round4 Supertaikyu Round4
 そう、そんな豪華な布陣であるにもかかわらず、予選では2番グリッドを獲得したのである。いきなり優勝の二文字が脳裏にちらついたのも許してもらいたい。思ってもいなかった流れに気を良くして決勝のスタートを迎えたのである・・・。

Supertaikyu Round4
 そして決勝・・。
 ここまで予選の話で引っ張ったのにはワケがある。気合いを入れて挑んだ9時間レースでは、スタート直後からエンジンパワー不足に悩まされ、その後3速ギアを失い、やがて4速ギアもなくなった。

Supertaikyu Round4 Supertaikyu Round4
 緊急ピットインでミッション交換を敢行したものの、今度はエンジンパワーがなくなり、不慮のタイヤバーストにも見舞われるというトラブルのオンパレードだったからである。最終的には16位完走という自慢できない結果だったのだ。

Supertaikyu Round4 Supertaikyu Round4
 やっぱりスーパー耐久は甘くはなかったという話。いい夢を見たけれど、まあ、次につながる敗戦だったと思っている。


『さて、次の岡山にはどのドライバーを招聘しようかな・・・。』

■キャロッセ 公式サイト
http://www.cusco.co.jp
■Key's RACING DIVISION
http://www.cardome.com/keys/