新型「フォードGT」でも警察からは逃げられない! スピード違反で3台のプロトタイプが捕まる
新型「フォードGT」は速いクルマだ。だが、その速さをもってしても、警察から逃れることはできない。その証拠に、米国コロラド州の路上で、GTのプロトタイプ3台がスピード違反で検挙されたと、米国のニュース・サイト『Vail Daily』が報じている。スーパーカーらしいルックスで人目を引くこの3台は、当局の目にも留まったようで、エイヴォン警察、イーグル郡保安官事務所、コロラド州パトロール隊の連係によってあえなく捕まってしまった。

自動車情報サイト『Jalopnik』によると、3台のスーパーカーは州間高速道路70号線の制限速度50mph(80km/h)の区間を、なんと101mph(約163km/h)で走っていたとのこと。速度超過が20mph(約32km/h)以上だったため、3人のドライバーには違反切符ではなくコロラドの裁判所への出廷命令が出された。

これらのプロトタイプは検挙された時、同州で高地走行テストを実施していたようだ。走行テスト中とは言え、特にそのクルマがフォード GTともなると、ちょっと冒険しようという誘惑にかられてしまったのだろう。Vail Dailyによると、車内にはデータ収集用機材が搭載されており、フォードがこのクルマの発売前に最終確認を行っていたものと見られている。

フォード GTは3.5リッターのエコブーストV6エンジンを搭載し、600馬力以上のパワーを発揮する。だから単に「速いクルマ」と言うだけでは過小評価になる。最高速度200mph(約320km/h)以上を誇るこのクルマなら、もっとずっと速く走ることもできたはずだ。フォード GTは既に500人が購入権を獲得しているので、おそらくこのスーパーカーのドライバーが法に触れるのは、今回が最後でないことは確かだろう。


By Joel Patel
翻訳:日本映像翻訳アカデミー