Related Gallery:Volkswagen The Beetle at Akihabara

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは21日、マイナーチェンジした「ザ・ビートル」を東京・秋葉原で発表。同日より発売した。

2012年の登場以来、4年ぶりに刷新されたザ・ビートルは、安全装備とインフォテインメント機能がアップグレードされ、フロント・バンパーが限定モデル「ザ・ビートル デューン」と似たデザインに変わった。新色2色を含め全8色が揃うボディ・カラーにも、デューンと同じ「サンドストームイエローメタリック」が用意されている。



さらに「ザ・ビートル デザイン」(269万9,000円)と呼ばれるグレードでは、インテリアもダッシュボードとドアトリム、そしてステアリング・ホイールのスポークがボディ同色となる。シートおよびドア内張は、黒またはベージュ、それぞれにお洒落な格子柄ファブリックのコンフォート・シートと、高級なレザー張りのスポーツ・シート(パッケージ・オプション)が用意され、全部で32通りのカラー・バリエーションから選べる。ただし、組み合わせによっては納車までしばらく待たされることもあるそうだ。



エントリー・グレードの「ザ・ビートル ベース」は、いくつかの装備やエクステリアのクロームが省かれ、内装がブラックのファブリックのみ、ボディ・カラーも4色に制限されるが、234万9,000円という価格が魅力。だが、この日の発表会では展示されていなかった。



これまで「ザ・ビートル ターボ」という名前で販売されていたスポーツ・グレードは、「ザ・ビートル 2.0 R-Line」(345万9,000円)と車名が変わり、サイド・スカートとリア・ディフューザー、ホイール・アーチに黒いエクステンション、そして「R-Line」のバッジが新たに装着された。"ターボ"はザ・ビートル全車に付いているので、排気量と内外装の特徴を表す新しい名前の方が相応しいと言えるだろう。




パワートレインは従来から変更なし。「ベース」と「デザイン」には最高出力105ps/5,000rpmと最大トルク17.8kgm/1,500〜4,100rpmを発生する1.2リッター直列4気筒SOHCターボに、7速デュアルクラッチ式「DSG」トランスミッションが組み合わされる。「2.0 R-Line」はその名前の通り、2.0リッター直列4気筒DOHC16バルブ・ターボが、最高出力211ps/5,300〜6,200rpmと最大トルク28.6kgm/1,700〜5,200rpmを発揮。トランスミッションは高トルクに対応した6速DSGとなる。ちなみに、マニュアル・トランスミッションの導入予定はないそうだ。

今回のマイナーチェンジでは安全機能もさらに充実した。ドライバー疲労検知システム"Fatigue Detection System"が全車に標準装備となったほか、 "ブラインドスポットディテクション(後方死角検知機能)"や"リヤトラフィックアラート(後退時警告・衝突軽減ブレーキ機能)"が2.0 R-Lineに標準装備、ベースとデザインにオプション装備として採用されている。



インフォテインメント・システムは、新たにスマートフォン接続機能(「Mirror Link」「Apple CarPlay」「Google Andorid Auto」のいずれにも対応)を搭載した"Composition Media"が全車に標準で装備され、オプションの純正ナビゲーション・システムも、従来の「714SDCW」から大幅に機能が向上した最新の「716SDCW」に替わった。



秋葉原の街頭には、8色全てのカラーで塗り分けられた特別なザ・ビートルも展示された。「Harlekin」(ハレキン:ドイツ語で「道化師」という意味)と名付けられたこのモデルは市販される予定はないそうだが、かつてはこんなふうに多色で塗られた「ポロ ハレキン」が実際に限定販売されたこともある。ハレキン仕様は初代ビートルの頃から製作されていたそうで、フォルクスワーゲンの奥深い伝統の1つでもある。メッキのカバーが付いたホイールは純正アクセサリとして販売されている(23万7,600円)。

この日、我々メディアは受付でまず8色の中から「好きな色」を訊かれ、各自が選んだ色のザ・ビートルが表紙になっているパンフレットを渡されるという凝りようだった。新色の「ストーンウォッシュドブルーメタリック」と「ボトルグリーンメタリック」は、どちらも落ち着いた良い色だと感じた。是非お近くの販売店で、カラフルな新しいザ・ビートルをご覧になっていただきたいと思う。

ザ・ビートル スペシャル・サイト
http://thebeetle.volkswagen.co.jp/


Related Gallery:Volkswagen The Beetle