Uber、米国で選ばれた顧客向けに自動運転車の配車サービスを開始
Uber(ウーバー)社は9月14日、米国ペンシルバニア州ピッツバーグで、選ばれた顧客向けに「自動運転車」の配車サービスを開始した。周辺を自動運転車が走行していれば手配が可能だそうで、通常の"人間ドライバー"と同じく安全に、自動運転車が大切なお客様を目的地まで送り届けてくれるそうだ。

Uber社は今回の発表までに約1年半、ピッツバーグにある同社の先端テクノロジーセンター(ATC)で開発を続け、発表前日にこの自動運転車に乗る機会を一部の記者に提供した。先月、ボルボとの連携を発表した同社だが、今回ピッツバーグを走るクルマ14台は、多くの自動運転テクノロジーを搭載したフォード「フュージョン」になると、技術系情報サイト『TechCrunch』が伝えている。

公道でテスト走行を行うため、乗車料金は無料となる。公道を走行することは自動運転技術の実践として極めて重要なことだ。シンガポールでは先月、Uber社に先駆け、nuTonomoyが世界初となる自動運転タクシーの公道走行試験を実施した。Uber社がピッツバーグを走行地に選んだ理由は、ATCの所在地であること、四季の違いがはっきりしていること、そして橋や路線、方角が頻繁に変わる中心街の複雑な道路構成にあり、そうした場所での走行は自動運転車の性能を示す証明にもなるためだ。

自動運転車の走行はまだ試験段階にあることから、この無料サービスにはUber社の従業員2名が同乗する。1名はハンドルに手を掛け不測の事態に対応できるよう待機、もう1名はシステムを監視する。

『TechCrunch』によれば、Uber社の自動運転車は、"人間ドライバー"と同じように走行するそうだ。道路交通法に従い、人間が運転するように通常はゆっくりと停車、時に急停車もする。また、道路上に駐車されたクルマを避けるため、わずかに隣の車線にはみ出して走行することもできるようだ。

通常のUberユーザーがいつ頃から、フォード「フュージョン」または現在開発されているボルボの自動運転車を使った配車サービスを受けられるのかは明らかになっていない。

現在、自動車メーカーとUber社のような企業各社は、自動運転車を公道で走らせることに向け競い合っている。テスラは先日、自動運転機能「オートパイロット」をアップデートしており、アップルは従業員を数十人解雇して自動運転車プロジェクトを進めている。そしてグーグルは自動運転車に緊急車両を認識させる技術を開発中だ。

Uber社にとって今回の出来事は大きな一歩だが、自動運転車が当たり前のように街を走り回る未来はまだまだ遠い。


By Joel Patel
翻訳:日本映像翻訳アカデミー