ケータハム「セブン 620R」もレゴなら手軽に買えるし組み立てられる!
クレイジーなクルマを世に送り出してきたケータハム。厳密には、クレイジーなクルマを世に出すためのキットを提供してきた、と言うべきだろう。同社がオリジナルのロータス・セブンから進化させてきたラインナップは、米国ではキットカーという形でしか入手できない。つまり、ハードコアな「セブン 620R」が欲しいなら、購入してからエンジンやトランスミッションを自分で取り付けるためのお金と時間がたっぷり必要になるということだ。だが、低予算で簡単に620Rを入手する方法が1つある。レゴ社から、771ピースで構成された620Rのキットが新発売されるのだ。これなら家の中で組み立てることができる。実際に乗ったり走らせたりすることはできないが、本物よりずっと安い79.99ドル(約8,200円)という価格で買うことができる。

620Rのレゴは、2,704ピースもあるポルシェ「911 GT3 RS」のレゴほど複雑ではなく、サイズも小さいけれど、作り上げる楽しみは同じだ。レゴで自動車の繊細なカーブを作るのは難しいが、620Rのストレートなデザインをうまく再現している。完成形は高さ10cm、全長28cm、幅14cmと、どんな机に飾っておくにも最適な大きさだ。

これまでのレゴ製品同様、このキットも620Rをよりリアルに演出するため、細部までこだわった作りとなっている。スーパーチャージャー付き2.0リッター4気筒エンジン、取り外し可能なノーズ、シフトレバー、実際に動かせるステアリング・ホイール、エンジン・カバー、トランク、ジャッキ・スタンド。これら全てがキットに含まれる。

このキットは、ケータハムの熱狂的なファンである英国人Carl Greatrix氏のアイデアから生まれた。一般公募の中からレゴ社が商品化を検討するプロジェクト「LEGO Ideas(レゴ・アイデアズ)」で、彼の作品が商品化に必要な1万票を集めたのだ。米国や欧州では10月1日より発売される。Greatrix氏の試作品にはブリティッシュ・レーシング・グリーンにイエローのストライプが入ったモデルもあったはず。こちらも是非、組み立ててみたいものだ。


By Joel Patel
翻訳:日本映像翻訳アカデミー