Related Gallery:Audi TTRS

アウディは15日、新型「TT RSクーペ」および「TT RS ロードスター」のさらなる詳細と画像を公開した。

2015年に発表された3代目「TT」の最高性能バージョンとして追加された新型TT RSは、先代と同様に2.5リッター直列5気筒ターボ「TFSI」エンジンを搭載する。だが、その内部はフリクションの低減やエンジン単体で26kgの軽量化など様々な改良が加えられ、最高出力は340psから400psに、最大トルクも45.9kgmから49.0kgmへ、大幅に向上した。これにより、0-100km/h加速はクーペが3.7秒、ロードスターは3.9秒と、先代の最強版「TT RSプラス」よりさらに0.4秒(ロードスターは0.3秒)も短縮された。また、エンジンの全長も50cm以下に抑えられ、車体の前後重量配分もより最適化されたという。筒内直接噴射とポート噴射を使い分けるデュアル・インジェクションも採用されている。



トランスミッションはローンチ・コントロール付き7速デュアル・クラッチ式「Sトロニック」のみの設定となりマニュアルは用意されない。マルチプレート・クラッチを使ったフルタイム4輪駆動システム「クワトロ」が前輪に加え後輪にも適宜駆動力を配分する。最高速度は250km/hでリミッターが作動するが、オプションで280km/hまで引き上げることも可能だ。ちなみに燃費はクーペが8.2リッター/100km、ロードスターが8.3リッター/100kmと発表されている。




スプリングとダンパーが固められた専用の「RSスポーツ・サスペンション」は、標準モデルのTTより車高が10mm落とされる。「アウディ・マグネティック・ライド」と呼ばれる電子制御ダンパーを備えた「RSスポーツ・サスペンション・プラス」もオプションとして装着でき、その設定はパワートレイン、ステアリング、そしてエキゾーストのフラップと共に「アウディ・ドライブ・セレクト」システムで切り替えることが可能だ。

足回りは19インチの5スポーク鋳造ホイールに245/35タイヤが標準だが、20インチの7スポーク鍛造ホイールと255/30タイヤも用意される。カラーはシルバー、マット・チタニウム、グロス・アンスラサイト・ブラックから選べるそうだ。ブレーキ・ディスクは前370mm、後310mm。オプションのカーボン・セラミックを選ぶとキャリパーがグレイに塗られ、それと分かる(通常は黒または赤)。



ハニカム・グリルと拡大されたインテーク、固定式リア・ウイングなどが目を引くエクステリアだが、最大の特徴はテール・ランプにアウディの市販車で初めてマトリックスOLEDが採用されたことかもしれない。ボディ・カラーはRS専用の「ナルド・グレイ」「カタルーニャ・レッド」を含む全9色が用意される。

先代より35kg軽量化されたというクーペの車両重量は1,440kg。オープントップ化と共に各部が補強されたロードスターは1,530kg。5層構造の電動ソフトトップは50km/h以下なら走行中も10秒で開閉可能だ。



インテリアにはダイヤモンド・ステッチが施されたヘッドレスト一体型の「RSスポーツ・シート」を装備。レザーとアルカンターラのカラー・コンビネーションは4パターンから選べる。計器板の替わりに12.3インチTFTモニターを組み込んだ「アウディ・ヴァーチャル・ディスプレイ」にはシフト・インジケーター付きタコメーターなどが表示されるRS専用画面が用意されているそうだ。また、アウディ初のスマートフォン・インターフェイスが採用され、「アウディ・スポーツ・パフォーマンス」アプリを使えば、ラップタイムや、Gフォース、ペダルの踏量、ステアリングの切り角などの車両データが表示できる。



欧州における販売価格はクーペが6万6,400ユーロ(約758万円)から、ロードスターは6万9,200ユーロ(約790万円)から。つまり、ポルシェの「718ケイマンSボクスターS」の価格で、「911カレラ4S」並みの性能が手に入るとも考えられるわけだ。エンジンの搭載位置にさえ拘らなければ。