suzuki
スズキの湖西工場(静岡県湖西市)が、四輪車(完成車)累計生産2,000万台を達成し、鈴木俊宏社長出席のもと記念式典を行った。
suzuki suzuki
海外も含めたスズキの四輪車工場で累計生産2,000万台となるのは初であり、同工場の生産開始から45年11ヵ月での達成となった。2,000万台目は軽乗用車「スペーシア」であった。
湖西工場は、1970年10月に現在の第一工場が軽自動車の生産工場として生産開始し、1983年8月に輸出も視野に入れた小型車の生産工場として第二工場も稼働。 現在は軽自動車生産の主力工場として「アルト」、「ワゴンR」、「ハスラー」などを生産し、2015年度はスズキの国内生産86万台のうち約半数を占める45万台を生産した。 同工場はスズキのものづくりの基本を表す「小少軽短美」を取り入れ、常に生産効率の追求に取り組んだ。さらに海外への工場展開にあたり、生産方式や品質管理のモデルとなるマザー工場としての役割も果たしている。

■スズキ 公式サイト
http://www.suzuki.co.jp