Volkswagen Passat 2.0 TSI R-Line
フォルクスワーゲン グループ ジャパン(代表取締役:ティル シェア、本社:愛知県 豊橋市)は、昨年の新型導入以来 1.4lTSI エンジンを採用してきたパサート「R-Line」に、2.0lTSIエンジンを搭載した「Passat2.0TSIR-Line」と、「Passat Variant 2.0TSI R-Line」を発売した。

Volkswagen Passat 2.0 TSI R-Line Volkswagen Passat 2.0 TSI R-Line
ボディカラーは、有償オプションカラーのオリックスホワイトマザーオブパールエフェクトを含む全 6 色で、全国希望小売価格(税込)は、「Passat 2.0TSI R-Line」¥4,999,000、「Passat Variant 2.0TSI R-Line」¥5,199,000。

Related Gallery:Passat 2.0 TSI R-Line
Volkswagen Passat 2.0 TSI R-Line
2.0lTSI エンジンを初搭載したのは昨年 7 月に国内販売を始めた「Passat」シリーズの中で、スポーティな内外装が特徴の「R-Line」。現行の 1.4lTSI エンジンに代わり、2.0lTSI エンジンを搭載したことで、「走り」の点で、フォルクスワーゲン スポーツモデル最高峰の称号、「R」シリーズの流れを受け継ぐモデルに生まれ変わった。 新たに搭載する2.0lTSIエンジンは、スポーツモデルの「GolfGTI」と同じ最高出力 162kW(220PS)と最大トルク 350Nm を発生、パワフルでダイナミックな走行性能を実現し、アダプティブシャシーコントロール"DCC"を標準装備、スポーツ性と快適性を両立している。

Volkswagen Passat 2.0 TSI R-LineVolkswagen Passat 2.0 TSI R-Line
安全装備の面では、全方位型安全装備を標準装備とするほか、オプションとして、デジタルメータークラスター"ActiveInfoDisplay"やステアリングを操作することなく自動駐車できる駐車支援システム"Park Assist"、ヘッドライトの動きを制御して夜間での安全な運転をサポートする"ダイナミックライトアシスト"などのテクノロジーパッケージを用意。

Volkswagen Passat 2.0 TSI R-Line
新型「Passat 2.0TSI R-Line」シリーズは、「R-Line」の特徴であるエクステリアもリフレッシュした。 従来通りアグレッシブなデザインが印象的な専用フロントバンパーやリヤバンパー、サイドスカート、 リヤスポイラー(ヴァリアントのみ)に加え、従来の「R-Line」から 1 インチアップした 19 インチアルミホイールが、パワフルな走りを予感させる。

Volkswagen Passat 2.0 TSI R-Line Volkswagen Passat 2.0 TSI R-Line
インテリアは、専用ナパレザーシート、アルミ調ペダルクラスター、レザーマルチファンクションステアリングなど R-Line 専用インテリアを採用し、「R-Line」の 特徴であるスポーティさをより一層強化した。

■フォルクスワーゲン 公式サイト
http://www.volkswagen.co.jp