富士重工業は、「レガシィ アウトバック」および「レガシィ B4」に改良を施し、2016年10月3日より発売する。

今回の改良では、アイサイト(ver.3)に車線中央維持機能が追加されたことによりロングドライブでの負担を軽減、さらに、ステアリングヒーターを標準仕様とし冬期や寒冷地での快適性を向上することで、グランドツーリング性能を更に進化させた。

また、新色「オークブラウン・パール」をアウトバックに追加し、スバルのフラッグシップモデルとしての価値を高めている。


レヴォーグ、WRX S4に続き車線中央維持機能が新たに搭載され、併せてアクティブレーンキープ機能の作動速度を従来の65km/h以上から60km/h以上に拡大している。作動速度が下がったことで、自動車専用道などでの運転がさらに楽になりそうだ。

今回標準装備となったステアリングヒーターは、10分でおよそ38度まで温まった後、タイマー機能により約30分後に自動的にオフとなる。冬場の冷え切った車内でのドライブでは重宝するに違いない。



販売価格は、293万7,600~347万7,600円(消費税込)。販売計画は、月販800台(内訳:レガシィ アウトバック 月販600台 / レガシィ B4 月販200台)となっている。

外装を変えることなく、中身を熟成したレガシィシリーズは、この冬のドライブをさらに快適にするに違いない。

スバル 公式サイト
http://www.subaru.jp/