ベントレーのセダンで初めて新型「フライングスパー W12 S」が時速200マイルの壁を突破!
Related Gallery:2017 Bentley Flying Spur W12 S

時速200マイル(約322km/h)以上で走るセダンは、同じスピードのクーペよりも驚異的な存在だ。最近の軽量な2ドア・モデルなら、時速200マイルを超えても想定の範囲内だと言える。しかし、大型で重量があり、レザーとウッド張りの贅沢な室内空間を備える4ドアのセダンで、そのレベルのスピードに達することは容易なことではない。ベントレーはついに、それを実現させた。

ベントレーのラインアップにある2車種のセダンのうち、小さい方の「フライングスパー」、その新型「フライングスパー W12 S」が、4ドアのベントレー車で初めて最高速度202mph(325km/h)を達成した。標準モデル「フライングスパー W12」の最高速度199mph(約320km/h)を上回るこのスピードは、パワーアップしたW12ツインターボ・エンジンによるものだ。同社のエンジニアは最高出力を625psから635psへ引き上げ、最大トルクも81.6kgmから83.6kgmに向上させた。この改良により、0-100km/h加速は4.5秒で到達することが可能となった。専用ダンパーを備えたサスペンションや、スタビリティコントロールの設定なども、フラッグシップであるフライングスパーにさらなる敏捷性を与えている。

見た目の改良もこのクルマを一層際立たせている。LEDのヘッドライトとテールライトにはブラックの縁取りが施され、ベントレーが"ベルーガ"と呼ぶ漆黒で塗りつぶされたフロントグリルとマッチしている。21インチのホイールをはじめ、リア・ディフューザー、ウインドウ周りなど、ボディの各部もグロスブラック仕上げのアクセントが加えられている。公式画像を見る限り、こうしたディテールは、ハロウィーンのカボチャのようなオレンジのボディより、淡いブルーの方が似合っていると思われる。



エクステリアに比べると、インテリアの変更は控えめと言えるだろう。ヘッドレストには美しい"W12 S"の文字が刺繍されており、内装はトップレンジである"S"モデル限定の新たな2トーン・カラーで仕上げられている。

ベントレーは年内にも、最初のフライングスパーW12 Sを顧客へ届ける予定だと言う。さらにパワフルなフライングスパーが欲しいという方には、近い将来、フライングスパーW12 Sの"スピード"モデルが出るのではないかと我々は睨んでいるとだけ言っておこう。


By Brandon Turkus
翻訳:日本映像翻訳アカデミー