「レンジローバー イヴォーク コンバーチブル」が日本でも受注開始 有楽町の期間限定カフェで展示中
Related Gallery:Range Rover Evoque Convertible

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、人気の高いラグジュアリーでコンパクトなSUV「レンジローバー イヴォーク」に開閉式ソフトトップを備えた「レンジローバー イヴォーク コンバーチブル」の日本導入を発表。本日9月9日より全国の正規販売店で受注を開始する。

昨年11月に発表されたレンジローバー イヴォーク コンバーチブルは、レンジローバー イヴォークをベースにZ型格納式ソフトトップ・ルーフを装備したオープントップ・モデル。センターコンソールに配置されたスイッチを操作することで、48km/h以下の速度なら走行中でもルーフを21秒で展開、18秒で格納することが可能だ。




3ドアの「イヴォーク クーペ」がベースだが、オープントップ化にあたりウエストラインより上、リア・シートから後方は完全に設計し直されている。小さなトランクリッドはもちろん、リア・スポイラーとエキゾースト・テールパイプも専用にデザインされた。車内には大人4名がゆったりと座れ、荷室はルーフの開閉を問わず251リッターの容量が確保されているという。

万一の場合に乗員を保護するため、ランドローバーはAピラーを強化したほか、リア・クォーターパネル内には展開式ロールバーを装備。車体の横転を感知すると自動的に2本のアルミ製バーが0.09秒で作動し、乗員の生存空間を確保する。これらの改良により、車両重量はクーペより260kg増加した。



日本仕様のドライブトレインは「Si4」と呼ばれる2.0リッター直列4気筒ガソリン・ターボと9速オートマティック・トランスミッションの組み合わせのみ。最高出力240ps/5,500rpmと最大トルク34.7kgm/1,750rpmを発生して4輪を駆動する。最高速度209km/h、0-100km/h加速8.6秒、JC08モード燃費9.6km/Lと、オープントップの開放感を得た代償としてパフォーマンスはクーペよりやや劣る。



それ以外の装備は基本的にクーペと共通。日本に導入されるレンジローバー イヴォーク コンバーチブルは、(今のところ)クーペと同じく「HSE DYNAMIC」グレードだけであり、20インチ・ホイール、LEDシグネチャー付キセノン・ヘッドランプ、オックスフォード・レザーが張られた12Way電動調整式フロント・シート、10.2インチ静電式タッチスクリーンを採用した「InControl Touch Pro」インフォテインメント・システムなどが標準装備となる。もちろん、走行状況に応じてドライブトレインやシャシーを最適化しトラクション性能を高めるモード切り替えシステム「テレイン・レスポンス」や、ドライバーがペダルを操作することなく低速で前進/後退させ続けることができる「オールテレイン・プログレス・コントロール・システム」などの機能も標準で装備されているので、ルーフを閉じたら(開けたままでもいいけれど)ハードトップのイヴォークと変わらないオフロード走破性を発揮させることができる。



消費税込み価格は765万円。クーペより47万5,000円高い。内外装のカラー・コンビネーションは従来通り豊富な組み合わせから選べるが、ソフトトップは「エボニー」と呼ばれる黒のみ。コンバーチブルSUVというニッチなモデルが、果たして日本市場ではどのように受け止められるだろうか。



なお、ジャガー・ランドローバー・ジャパンはレンジローバー イヴォーク コンバーチブルの発売を記念し、京都の老舗和菓子屋「とらや」が展開する「TORAYA CAFÉ・AN STAND」とコラボレーションした「EVOQUE CAFÉ」を、9月9日から11日の期間限定で有楽町駅前広場(住所:東京都千代田区有楽町2-7-1)にオープンする。展示されているイヴォーク コンバーチブルを撮影し、#イヴォークカフェのハッシュタグを付けてInstagramに投稿した写真を提示すると(またはランドローバー車のオーナーならキーを持参すると)、八ヶ岳の天然氷と京都の抹茶を贅沢に使った抹茶蜜に、あんペースト(こしあん・小倉あん)をトッピングし、ひとつで2種類の味が楽しめるコンバーチブル仕様のオリジナルかき氷が、各日先着200名にプレゼントされるそうだ。開店時間は11:00~18:00。近くまで来られる方は、是非お立ち寄りを。


ランドローバー・ジャパン 公式サイト:レンジローバー イヴォーク コンバーチブル
http://www.landrover.co.jp/vehicles/range-rover-evoque/convertible/index.html