Audi A4 allroad quattro
アウディ ジャパン株式会社は、オールラウンドな ドライビング性能を備えたAudi A4 Avantベースのプレミアムクロスオーバー、Audi A4 allroad quattro (アウディA4 オールロード クワトロ)をフルモデルチェンジし、9月6日(火)より全国の正規ディーラー(121 店舗、現時点)を通じて販売開始する。

Related Gallery:Audi A4 allroad quattro
Audi A4 allroad quattroAudi A4 allroad quattroAudi A4 allroad quattroAudi A4 allroad quattroAudi A4 allroad quattroAudi A4 allroad quattroAudi A4 allroad quattroAudi A4 allroad quattro
Audi A4 allroad quattro
「allroad」とは、ステーションワゴンモデルの Avant(アバント)をベースに、quattro(フルタイム4WD システム)を組み合わせ、さらにSUV 特有の優れた性能を融合したクロスオーバーモデルだ。Audi A4 allroad quattro は、2010 年に初代モデルが日本で発売されて以来、ミッドサイズクラスでは唯一のオールラウンドなキャラクターを備えたプレミアムクロスオーバーとして、市場で独自のポジションを築き上げてきた。

Audi A4 allroad quattro Audi A4 allroad quattro
今回発売する 2 世代目モデルは、そのユニークなコンセプトを継承しつつ、デザインとメカニズムを根本から刷新。さらに、インテリジェントなアシスタンスシステムやAudi connectなどの新しいテクノロジーを導入することで、従来から定評のあった走行性能、安全性、 快適性、ユーティリティなどに加えて、燃費効率やインフォテイメント、コネクティビィティといった分野でも現代的オールラウンダーへと飛躍を遂げた。

Audi A4 allroad quattro Audi A4 allroad quattro
Audi A4 allroad quattro Audi A4 allroad quattro
デザイン面では、ベースとなったAudi A4 Avant に対しグラウンドクリアランスを30mm 拡大。全高が高くなったことに加えて、力強く張り出したホイールアーチ、クローム仕上げの垂直ルーバーを配した シングルフレームグリル、ボディとは対照色のサテライトシルバーで仕上げたアンダーボディプロテク ション/リヤディフューザーといったallroad 特有のデザインにより、どんな場所にあってもスタイリッ シュな存在感が演出されています。 搭載する2.0 TFSIエンジンは従来型のものよりパワーを20kW(28PS)アップして252ps とする一方で燃費効率を約 9 %改善。これには、エンジンそのものの改良に加えて、後述する quattro ドライブシステムの進化、さらに設計段階からの徹底した軽量化戦略が効果をあげており、実際に車両重量は従来型比90kgも削減されている。

Audi A4 allroad quattro
全モデルに標準装備されるquattro システムは、100%前輪駆動で走行が可能な新開発の「ultra(ウルトラ)テクノロジー」を初めて導入することで、走行状況に応じたインテリジェントな4WD制御を実現。
これは、メカニカルなディファレンシャルユニットを用いたアウディ伝統のquattroシステムに、インテリジェントな制御機構と2箇所の駆動力断絶機構を付加することで、無駄な駆動抵抗を減らし、実走行での伝達効率を大幅に改善している。
Audi A4 allroad quattro
トラクション面での負荷が小さく、4WD走行の必要が認められない場合には、センターディファレンシャルの多板クラッチと、リヤディファレンシャルに内蔵したデカップリングクラッチをリリースして、FWD(前輪駆動)で走行。この場合、プロペラシャフトとリヤディファレンシャルはホイールから切り離されているため、無駄な駆動抵抗が最小化される。この新テクノロジーの真にユニークな特長は、そこから4WDへ切り替えるプログラムで、数多くのセンサーから送られてくる情報をもとに、インテリジェントな能力を備えた制御システムが車両の走行状況を常に「先読み」し、4WDのトラクションが必要となる「寸前」に2箇所のクラッチを素早く接続して、quattroモデル本来の走行性能が発揮されるようにしている。
トランスミッションは、デュアルクラッチを用いることで、効率とスポーツ性を高度に融合させた「7 速Sトロニック」を全モデルに標準採用。 通常のAudi A4 Avantよりも30mm大きい170mmの地上最低高と標準装備のquattroドライブシステムにより、軽度なラフロードまでであれば、本格SUV にも負けない走破性能を発揮。アウディドライブセレクトに新たにoffroadのモードを設定したことで、オフロードでの運転がより容易になり、 能力も高まっている。

Audi A4 allroad quattro Audi A4 allroad quattro
Audi A4 allroad quattro Audi A4 allroad quattro
安全装備に関しては、標準装備のABS、ESC(エレクトロニック スタビリゼーション コントロール)、 6 つのエアバッグに加えて、先進的なアシスタンスシステムを充実させており、カメラと複数のセンサーを用いた衝突予防システム、「アウディプレセンスシティ」のほか、衝突時の乗員保護能力を高める「アウディプレセンスベーシック」、ドライバーの車線維持操作をサポートする「アウディアクティブレーン アシスト」などを全モデルに標準装備。また、同じく全モデルに標準装備の「アダプティブクルーズコントロール」には、渋滞時にアクセル/ブレーキだけでなくステアリング操作にも必要な介入を行って、ドライバーの負担を軽減する「トラフィックジャムアシスト」の機能が備わっており、将来の本格的な自動運転につながるテクノロジーとして注目されている。

Audi A4 allroad quattro Audi A4 allroad quattro
ラゲージルーム容量は、従来型より拡大された505~1,510ℓ を確保。広くて快適なパッセンジャーコンパートメントと併せて、ユーティリティの面でもオールラウンドな資質を備えたクルマに仕上っている。 従来のアナログメーターパネルに代わる12.3インチの高性能モニターを使ったフルデジタルの多機能ディスプレイシステム、「Audi バーチャルコックピット」をA4 allroad シリーズとして初めてオプション設定。また、Audi connectのモジュールを標準で搭載しており、ドライバーはLTE の高速通信を介して、アウディ独自のオンラインサービスを利用することが可能。また、付属機能であるWi-Fi ホットスポットにより、最大8 台のモバイル端末を同時にインターネットに接続できる。

Audi A4 allroad quattro

■アウディ公式サイト
http://www.audi.co.jp/jp/web/ja.html