トヨタ「86」に、日産「GT-R」用エンジンを1,000馬力にチューンして搭載!
トヨタ「86」が優秀なスポーツカーであることは、以前にも試乗記でご紹介した通りだ。86の唯一のマイナス面は(必ずしも欠点とは言えないが)、最高出力207ps、最大トルク21.6kgmを発生する2.0リッター水平対向4気筒エンジンであろう。今日の基準ではあまりパワフルとは言えない。そこでプロドリフターのライアン・トゥレックは、フェラーリ「458」のV8エンジンを86に詰め込むプロジェクトに取り組んでいる。さらにモータースポーツ関連の商品を販売するオーストラリアのStreetFX Motorsportでは別のアイディアを思いつき、R35型日産「GT-R」のツインターボV6エンジンを86に搭載した。

StreetFX Motorsportの公式サイトによると、この86は同社と整備工場のGT Auto Garageによって共同製作され、最高出力1,000馬力を発揮するという。最終的な目標は、サーキット走行と公道走行のどちらにも対応するクルマに仕立てることだそうだ。

しかし、今回の企画では初めから86にGT-Rのエンジンを搭載しようとしていたわけではなかったらしい。同社は当初、86の純正エンジンにターボチャージャーを取りつけたのだが、最高出力は545hpまでにしか上がらなかった。その後も多数の問題が発生し、パフォーマンスがそれ以上は向上しないと考えられたため、GT Auto Garageにアドバイスを求め、HKS社によるチューニングで排気量が4.1リッターに拡大されたGT-Rのエンジンを搭載することになったという。

大きくてパワフルなGT-RのVR38型エンジンを86に押し込む作業は一筋縄ではいかず、ドライサンプ潤滑システムを採用し、フロント・ディファレンシャルは取り外さなければならなかった。トランスミッションには、オーストラリアで開催されているV8スーパーカー・シリーズのマシンに供給しているAlbins社の6速シーケンシャル・ギアボックスを採用。これにMotec製の圧搾空気で作動するパドルシフトが組み合わされている。

ロケット・バニーのワイドボディ・キットと巨大なリア・ウイングを装着したエクステリアに、ホイールはConcave Concept製の18インチ。295/35R18サイズのハンコック製セミスリック・タイヤを履く。フロント・フェンダーのサイド・ガーニッシュは、なぜかスバル BRZ用に交換されている。

公道での使用も考慮し、車内のBride製シートはリクライニング可能で、オーディオやリアビュー・カメラも装備されている。

詳しい製作工程を知りたい方は、StreetFX Motorsportのサイト(英語)をご覧いただきたい。



By Joel Patel
日本映像翻訳アカデミー