バイクとの対話を可能に! カワサキが人工知能(AI)を搭載したオートバイを開発中
自動車メーカーやテクノロジー企業は昨今、自動運転車を公道で走らせることに向けて競い合っており、つい先日も自動運転タクシーの一般向け試験運行が開始されたばかりだ。だが、そうした技術の対象となるのは多くの場合が"クルマ"であり、"オートバイ"はこれまで無視された来た感が否めない。日本の二輪車メーカーであるカワサキは、世界初となる「ライダーと対話する人工知能(AI)システム」という最先端技術で、前人未踏の分野に踏み込もうとしている。

このAIシステムは「感情エンジン・自然言語対話システム」と呼ばれ、現在は開発の初期段階にある。これを搭載するオートバイが、ライダーの話す言葉を理解してそれに応え、乗り手の技術レベルや経験、ライディングスタイルまで学習することを目指しているという。また、安全のためのアドバイスや走りを楽しむための情報なども提供してくれるそうだ。

その構想を聞く限りでは、カワサキのAIはライダーに的確な情報を提供してくれる"高度なSiri"、と言ったところだろうか。このシステムの魅力的な点は、ライダーの技術向上を助けるだけでなく、何よりもその個性に合わせてマシンの設定を調整することを重視した機能設計であることだ。カワサキはこのAIがどれだけの能力を持つのか詳しくは言及しておらず、具体的にマシンのどの辺りのセッティングが調整可能であるのかも明言していないが、サスペンションやブレーキ、エンジンの出力特性などが対象となるのではないかと予想される。

AIを搭載したバイクの製品化に成功すれば、カワサキは競合メーカーを大きく引き離すことになるだろう。さらに、AIによる安全性の向上が確認されたら、素晴らしいオートバイの世界に足を踏み入れる人々も増えるはずだ。ドラマ『ナイトライダー』に登場するKITTのように事件を解決するマシンにはならないだろうが、今回カワサキが発表した内容は、オートバイのAIシステム活用に明るい未来とその始まりを感じさせるものであることは間違いない。


By Joel Patel
翻訳:日本映像翻訳アカデミー