フォード「フォーカスRS」を、あのヘネシーが400馬力オーバーにチューニング!
米国テキサス州のチューナー、ヘネシー・パフォーマンス社は、あのブガッティと世界最速を競う「ヴェノムGT」や、1,000馬力にパワーアップしたキャデラック「CTS-V」などのモンスターを生み出すことで有名だが、実はもっと控え目でお求めやすいクルマも扱っている。例えば新型フォード「フォーカスRS」。これまでにも製作途中の画像や映像が公開されていたが、その完成も間近のようだ。

創業者ジョン・ヘネシーによると、「フォーカスRS HPE400」は1カ月以内に発表されるそうだ。このホットハッチが350hpでは物足りない、というエンスージアストにとっては朗報だろう。名前から想像される通り、この2016年型フォーカスRS用のチューニング・パッケージ「HPE400」は、2.3リッター4気筒ターボ「エコブースト」エンジンの最高出力を400馬力(文末の動画にあるシャシー・ダイナモ試験によると約300kW=408ps)に引き上げることが可能だ。ヘネシー社によると、特に中回転域の出力が最大で75hp、トルクも11kgm向上するため、どの回転域からでも大幅に増した加速力を実感できるという。

このパワーを引き出すため、同社はエンジン・マネージメント・システムのソフトウェアを書き換え、ハイフロー・エアフィルター、ステンレス製エキゾースト・ミッドパイプ、電子制御式エキゾースト・バルブなどを装着。そしてもちろん、「HPE400」と「Powered by Hennessey」のバッジが付くこのチューニング・キットの価格は、2,995ドル(約31万円)と発表されている。ヘネシー社にセットアップまで頼むと、シャシー・ダイナモによる実車試験付きで4,995ドル(約52万円)となる。

ご参考までに、英国のマウンチューンから発売されたフォーカスRS用のチューニング・キットは、わずか25hp増しの375hpに向上するだけだが、マウンチューンはフォード公認のチューナーであるため、メーカー保証付きのチューニングが受けられる。しかも価格は899ポンド(約12万5,000円)とお手頃だ。どちらを選ぶかは、あなたの理性と欲望次第。



By Reese Counts
翻訳:日本映像翻訳アカデミー