スウェーデンの自動車が右側通行へ移行した日「ダゲン・H」
スウェーデンでは、1967年9月3日は「ダゲン・H」と呼ばれている。スウェーデン語でダゲン(Dagen)は「日」、Hは「Högertrafikomläggningen」の頭文字で「右側通行への転換」を意味する。スウェーデンではこの日、国全体の自動車の交通が一夜にして左側通行から右側通行に変更されたのだ。

スウェーデンが右側通行へ移行した背景には数多くの理由があるが、そのうちの1つは、近隣諸国からの来訪者と、外国を訪れたスウェーデン人が、いずれも自国とは異なる不慣れな交通方式のせいで、自動車を運転する際に間違って対向車線を走ってしまい、交通事故が起きていたことがある。さらにスウェーデンの自動車事情も、移行理由の1つだ。ボルボサーブは外国市場向けに左ハンドルのクルマを製造していたが、その一部がスウェーデン国内を走っていたのだ(日本でも左ハンドルのクルマを運転した経験のある人なら、道路の外側に運転席があると、カーブの見通しがいかに悪いかをご存じだろう)。

こうしたもっともな理由があったにもかかわらず、スウェーデンの人々は変化を好まず、中には逆に事故が増えるのではないかと危惧する人もいた。移行の是非を問う国民投票では反対が圧倒的多数を占める結果となったが、それでも政府は移行に踏み切ったのである。

移行決定後は国民への周知を図るキャンペーンが開始され、ロゴマークやパンフレットはもちろん、右側通行をテーマとした歌まで作られたという。そしてダゲン・Hの夜明け前、全ての道路標識は作業員たちの手によって切り替えられた。ロータリーは逆方向に回れるように改修され、バス停は一時的に道路の中央へ移された。これは、バスのドアが歩道と反対側になってしまうからだ。

スウェーデンとは逆に、右側通行から左側通行へ移行した珍しい国もある。南太平洋の島国サモアは、周辺のオーストラリアやニュージーランド、日本が左側通行であり、特に日本の安価な中古車を輸入して利用できるようになるという経済上の理由もあり、2009年9月7日に左側通行へ変更された。

ちなみに日本の沖縄県も、第二次世界大戦後に米国軍の統治下に置かれた際には右側通行に変更されたが、日本本土に復帰してから6年後の1978年7月30日、再び左側通行に戻された。


By David Gluckman
翻訳:日本映像翻訳アカデミー