顧客満足度ランキングの上位を獲得した自動車メーカーは?
米国顧客満足度指数(ACSI)が8月23日付で発表した「ACSI オートモービルレポート 2016」によると、2016年における全ての自動車ブランドを対象とした平均の顧客満足度は100点満点中82点で、2015年と比較すると3.8%もの大幅な上昇を記録した。これにより、自動車部門における顧客満足度の3年連続低下に歯止めが掛かり、テレビ及びビデオプレーヤー部門、信用組合部門をおさえてACSIの顧客満足度ランキングの第1位を獲得した。この上昇は自動車業界の広範にわたっており、24ブランドのうち16ブランドで顧客満足度指数が上昇し、低下したのはわずか5ブランドであった。また、米国、アジア、欧州の自動車ブランドで、満足度の点ではほとんど差がなかったことも特筆すべきだろう。だが、もちろん改善の余地は常にある。顧客はパフォーマンス、信頼性、外観のデザインにおいて特に満足しているようだが、燃費や保証に関しては満足度が最も低い。

それでは、今年の顧客満足度が高いブランドを1位から順にご紹介していこう。


1位:リンカーン
リンカーンが87点を獲得し、2016年米国顧客満足度指数の1位を見事に勝ち取った。これは米国の自動車メーカーにとっては快挙であり、親会社であるフォードをはるかに凌ぐ結果となった。


2位:ホンダ
ホンダは2016年の米国顧客満足度指数において86点を獲得。リンカーンには及ばなかったものの、日本の自動車メーカーでは最も高い満足度を誇ることができるだろう。


3位:BMW
BMWは2016年の米国顧客満足度指数において85点を獲得し、トヨタと並んでいる。2ブランドが同じ点数を獲得したのは2年連続のことである。


3位:トヨタ
世界最大級の自動車メーカーであるトヨタも85点を獲得。2016年の米国顧客満足度指数において、BMWと並び3位となった。


5位:GMC
GMCは昨年の78点(平均を下回ってさえいた)から84点と飛躍的にスコアを伸ばした。GMグループのブランドの中で最も高い。


5位:インフィニティ
インフィニティも昨年から大きなスコアアップを果たした。2015年、この高級車ブランドは、日本の自動車ブランドの中で最下位にランキングされてしまったが、今年は84点と大幅にスコアを更新。日本車ブランドの中では3位に躍り出た。


5位:レクサス
レクサスは3年連続で84点という高い顧客満足度を維持しているが、2016年は他の多くの自動車メーカーが躍進したため、ランキングとしてはトップから5位にダウンしてしまった。


5位:スバル
独自の「シンメトリカルAWD」を誇るスバルは昨年からスコアを更新し、2016年は84点という高い得点を獲得。しかし、他のメーカーの追い上げもあり、順位としては昨年と同じ5位だった。


9位:アウディ
今年は前年比6%アップの83点を獲得し、2015年の17位から大幅にランクを上げて9位に入ったアウディ。同国の競合他社と比べると、BMW(85点)には及ばなかったがメルセデス・ベンツ(81点)を上回った。


9位:シボレー(GM)
"ボウタイ"と"ブルー・オーバル"。永遠のライバル関係にあるシボレーとフォードだが、今年は"ボウタイ"のシボレーに軍配が上がった。2016年、シボレーは83点を獲得し(ちなみにフォードは81点)、GMグループの中でも2位となっている。

2016年の米国顧客満足度指数(ASCI)は以下の通り。

1位(87点):リンカーン
2位(86点):ホンダ
3位(85点):BMW
3位(85点):トヨタ
5位(84点):GMC
5位(84点):インフィニティ
5位(84点):レクサス
5位(84点):スバル
9位(83点):アウディ
9位(83点):シボレー
11位(81点):フォード
11位(81点):ヒュンダイ
11位(81点):メルセデス・ベンツ
14位(80点):マツダ
14位(80点):日産
17位(79点):ビュイック
17位(79点):キャデラック
17位(79点):クライスラー
17位(79点):起亜
17位(79点):三菱
22位(78点):ダッジ
22位(78点):ジープ
22位(78点):フォルクスワーゲン
25位(76点):アキュラ

By Autoblog Staff
翻訳:日本映像翻訳アカデミー