SUZUKI WEC2016
スズキのフランス子会社スズキフランス社の二輪車耐久レースチーム「スズキ・エンデュランス・レーシングチーム(SERT)」が、8月27日にドイツ・オッシャースレーベンで行われたFIMが主催する「二輪車世界耐久選手権」の最終戦で2位表彰台を獲得した。結果、シーズン累計ポイントで2年連続、15回目の年間チャンピオンを獲得した。

Related Gallery:SUZUKI WEC2016
SUZUKI WEC2016 SUZUKI WEC2016
二輪車世界耐久選手権は、市販ベースの二輪車で競われる耐久レースで、年間4戦が行われ、市販車の走行性能や耐久性など総合力が求められるレースで、スズキはスーパースポーツモデル「GSX-R1000」で参戦。

SUZUKI WEC2016
SERTは、第1戦フランスの「ル・マン24時間」で5位入賞後、第2戦ポルトガルの「ポルティマン12時間」で2位入り、着実にポイントを重ねた。第3戦の「鈴鹿8時間」は22位でポイント獲得はならなかったが、第3戦終了時点でのシーズン累計ポイントランキングでは首位とわずか9ポイント差で4位。そして最終戦(第4戦)ドイツの「オッシャースレーベン8時間」では、終始首位争いを繰り広げ、トップと21秒差で2位表彰台を獲得。

SUZUKI WEC2016 SUZUKI WEC2016
結果、シーズン累計ポイントが2位と1ポイント差の88ポイントとなり、逆転で2016年シーズンの年間チャンピオンに獲得した。

■スズキ 公式サイト
http://www1.suzuki.co.jp/motor/