評価は未知数だが唯一無二! ザガートの「Z」を冠したMVアグスタ 「F4Z」
Related Gallery:MV Agusta F4Z

今年7月末に突如ティーザー画像が公開されたこのオートバイについて、まだ多くのことが明らかになっていない。確かなのは、MVアグスタ「F4Z」という名称と、このイタリアのオートバイ・メーカーが誇るスーパーバイク「F4」のプラットフォームがベースになっているということだ。つまり、搭載するエンジンは998ccの4気筒になるのだろう。近未来的なボディだが、その下に使われているパーツはごく標準的なもののように見える。フロントのフォークは一般的な型だし、リアのシングルサイド・スイングアームも、すべての支えとなるトレリスフレームもMVアグスタの定番だ。

しかし、そのボディ・ワークは確かに独特だ。レッドとシルバーのカラーリングはMVアグスタのマシンに共通する伝統だが、それにもかかわらず、これまでに見た同社のモデルのどれにも似ていない。それもそのはず、このデザインはミラノを本拠とする著名なデザイン・ハウス、ザガートとコラボレーションによるものだからだ。ザガートと言えば、羨望を集める美しい四輪車のデザインで有名だが、果たしてこの二輪車メーカーとのパートナーシップよる成果は成功と言えるだろうか? それとも失敗だろうか? まだ何とも判断しがたいので、今は"月並みではない"とだけ言っておくとしよう。

MVアグスタが新たなスーパーバイクのプラットフォームを開発中であることは、すでに分かっている。それを踏まえると、このザガート・デザインのモデルが市販化されるかどうかは少々疑問だ。F4Zは9月4日に正式発表される予定なので、その時にはより詳しい情報をお届けできるだろう。それまでは先行公開された写真をご覧になり、この個性的なデザインについてのコメントを是非お寄せいただきたい。


By Jeremy Korzeniewski
翻訳:日本映像翻訳アカデミー