山道走行時のコーナー性能が深化!! 日産「GT-R NISMO」2017年モデルの発売を開始!!
日産は、走行性能をさらに深化させた「GT-R NISMO」2017年モデルの発売を、8月25日より開始した。価格は1,870万円(消費税込)。

GT-R NISMOは、日産のモータースポーツを担っているNISMOの数十年におよぶレーシングテクノロジーの蓄積をフィードバックし、レーシングカー譲りの究極のハイパフォーマンスを実現するためにファクトリーチューンを施したNISMOロードカーシリーズのフラッグシップモデルだ。

あらゆるデザインは機能を伴っているというレーシング哲学に則ったスタイリングを特徴とし、世界最高峰のGTレースや日本のSUPER GTをはじめとするモータースポーツ活動から学んだ数多くの技術を、空力性能、サスペンション、パワートレインなどに採り入れ、日常走行でもスポーツ走行でも通用するパフォーマンスを徹底して追及し、両立させている。

Related Gallery:2017 NISSAN GT-R NISMO


NISMO専用のカーボンファイバー製フロントバンパーは、カーボンファイバーシートを幾層にも重ねて精巧に作り上げることで理想的な強度を実現。カナード形状のデザインがもたらす空気の流れにより、ホイールハウス周辺の空気を吸引し、大きなダウンフォースを発生させている。

日産ブランドのデザインシグネチャーであるVモーションを採用し、ダーククローム仕上げを施した新デザインのグリルは、開口部の拡大によりエンジンの冷却性能を向上させながらも、バンパーサイドの形状を最適化することで、従来の空気抵抗及びダウンフォースの維持を可能にした。さらに、エンジンフードは、剛性の向上により超高速域での変形を抑制し、卓越した空力性能も実現している。

また、リヤ周りでは、NISMO専用のカーボンリヤスポイラー、カーボン製リアバンパーなども採用され、ボディ全体での空力特性を向上させている。

これらの改良により、これまでの日産車の中で最大のダウンフォースと、超高速域での優れた安定性を実現しているとのことだ。



インテリアは、NISMO専用装備として、新デザインのダッシュボードの上層部、ステアリングホイール、センターアームレストに、高品質のアルカンターラレザーを使用し、レーシーな雰囲気と上質感を演出している。


さらに、赤のアルカンターラを中央部分に使用したNISMO専用のレザー仕様のレカロ製カーボンバケットシートを採用し、明らかにベース車両とは違うホールド感とスポーティな雰囲気を醸しだしている。

走行性能としては、ショックアブソーバーにNISMO専用の特別なチューニングを施すことで、出力441kW(600PS)を誇る3.8リッターV6ツインターボエンジンのパワーを更にしっかりと路面に伝えることが可能としている。

また、GT-R NISMOのVR38DETTエンジンは、世界中のモータースポーツで培ってきたNISMOの経験と技術から生み出された専用チューニングのエンジンとなっている。

6速デュアルクラッチトランスミッションとともに、GT3選手権で使用する高流量、大口径のターボチャージャーを搭載するNISMO専用エンジンは、熟練した匠が専用のクリーンルームで一台一台精巧に組み立てている。ちなみに、エンジンのフロント部分に取り付けられたアルミプレートには「匠」の名前が刻まれているとのことだ。

今回発売されたGT-R NISMOは、全体のバランスをこれまでのモデルより更に向上することで、コーナーの多い山道でも、サーキットでのレース走行と同じように力強い走りを楽しめるクルマへと深化を遂げている。

ベースとなるGT-RおよびGT-R NISMOの今年度の販売計画数は800台だが、既に8月25日の時点で858台の受注が入っているとのこと。日産の技術が惜しみなく注がれたGT-Rの人気は盤石のようだ。

日産 GT-R NISMO公式サイト
http://www.nissan.co.jp/GT-R/nismo_design.html