Renault KANGOO
 ダンッ、ダダダンッ、ダダダンッ、ダダダンッ。ミニバン大国ニッポン。常に激しい販売競争と進化を続ける国産勢のなかでマイペースな歩みを見せる「ルノー カングー」が、新たに6速EDC(エフィシエント デュアル クラッチ)という武器を手に入れ、走行性能面での洗練ぶりを前進させた。

Renault KANGOO Renault KANGOO
 カングー「ZEN(ゼン)」では1.2Lターボ+6MTに加え、新たに6速EDCが選べるようになった。またシンプルな装備で価格を抑えた「アクティフ」は1.2L直噴ターボ+6MTのみが組み合わされる。どちらのモデルでも6MTが選べるというのがルノーらしくまたカングーらしさでもある。さらに実用上、より動力面でのタフさや使い勝手を相変わらず求めたいという方向けに価格面も配慮した1.6L+4ATの「ZEN(ゼン)」も継続販売されるというのもマルチなユーティリティを持つカングーらしい。

Renault KANGOO Renault KANGOO
 2009年に日本市場に登場した第二世代となるカングー2は、先代に比べボディサイズが拡大し5ナンバーから3ナンバーに。以降、2014年には搭載エンジンに1.2L直噴ターボが加わり、トランスミッションは4ATのほかMTの存在も欠かさないカングーは5MT 6MTへと多段化が一足先に進んだ。内外装のリフレッシュも度々行い、新たなカラーバリエーションでも人々の心をくすぐり続け、すでに販売は終了しているものの新型では"ビボップ"という後席以降がオープンになるショートホイールベースモデルなども登場したという背景を持つ。

Renault KANGOO Renault KANGOO
 カングーがマイペースに写るのは、諸外国の肩に力の入った先進性への執着もどこ吹く風、と言わんばかりに独自の立ち位置が日本では出来上がっていると思うからだ。そもそもカングーは商用車としての使命を持って誕生している。欧州では4タイプのボディバリエーションと、商用としての多彩かつフレキシブルなアレンジを武器に、その方面でのシェアは仏で6割、欧州ではナンバー1の人気モデルなのだそうだ。つまり初めからファミリーミニバンとして世に生を受けた日本のソレらとは生い立ちが違うと言ってしまえばそのマイペースぶりも理解の範疇だろうか。むしろ日本での支持のされ方は特異らしい。イカついマスクやエアロを纏い、メーカーは最新技術のみならずカユいところに手が届くほどの装備の数々にも少しも気を抜けない日本のミニバン。それに対し広いスペースにシンプルな装備と動力を持つカングー。なのに何かと比べてそれ以上とも以下とも思わずにいられ、なんだか文句もないカングーは、競争よりも共創の精神がオーナーたちの心を豊かにしてくれる、そんな印象がある。果たしてカングーは初代モデルが2002年に日本で登場して以来、堅実にファンを増やすルノー・ジャポンの主力モデルとなっている。

Related Gallery:Renault KANGOO
Renault KANGOO Renault KANGOO
 5人+たっぷりの荷室を持つ十分大柄なカングーに頼もしさと癒しを抱くのは、ドッシリと構えるフォルムや全高の高さが目を引くモデルたちよりも自然でバランスがいいからではないか。着座位置が高く視界良好な運転席はドッカリ腰を下ろす印象だ。後席は前席よりも着座位置が高くスペースも十分。ただ全体的にフラットでサポート性が少し残念な点は国産勢と同等のレベル。

Renault KANGOO
 ドライブフィールが何とも心地良く、居心地もいい。背の高さを他所に安定感のある走りを魅せる国産勢の意外性もいいが、バランスのとれたプロポーションを持つカングーは想像通りの安定感と期待を裏切らない乗り心地の良さが運転席のみならず後席でも体感でき快適だ。また大ぶりのハンドルに手応えとして伝わる車体の大きさや重さは女性の私にとっても苦痛ではない。

Renault KANGOO Renault KANGOO
 むしろコーナーリング中にいくぶん重くなる手応えと外側のタイヤやわずかに発生するボディのロールを、ハンドルの重さと体重を預けるシートで感じながらワインディングを走るカングーのしなやかさは物理的な自然さを伴い、一体感が感じられる点はどのシートに座る人にとっても安心感にも繋がるはずだ。
今回新たに1.2L直噴ターボエンジン+6速EDCが搭載されることで大きく変わった点をまず一言で言うなら快適性の向上だと思う。

Renault KANGOO
 2Lエンジン並の動力性能を持つエンジンをMT操作せずスムーズに走らせることができる。そのスムーズさはマニュアルトランスミッションをオートマチック車のように走らせられることのできるEDCが"デュアルクラッチ"式のメカニズムにあることもポイントなのだ。シングルクラッチがギヤチェンジの度に一速、一速、繋ぐのではなく、デュアル=2つクラッチがあるからもう一方が次のギヤをスタンバイしてくれる。そのためタイムラグもなくスマートなシフトアップ&ダウンが可能になる。4ATに比べれば、トン、トンとシフトチェンジをする小気味良さが軽快な走りを生み、高速や街中問わず適切なギヤを選び低めの回転数を維持し易くなるため、静粛性も高い。乗り心地のよいカングー。その走りは滑らさが増している。

Renault KANGOO Renault KANGOO
 ダウンサイジングエンジンに6MTのような6速EDCを組み合わせたパワートレインは環境性能と低燃費に貢献してくれるのも間違いない。さらにA/C、シフトタイミング、アクセルレスポンスをより低負荷にするECOモードスイッチも装備されている。

Renault KANGOO Renault KANGOO
 ちなみにルノーでもすでにルーテシアやキャプチャーに「1.2Lターボ+6速EDC」が搭載され、115ps/190Nmの出力/トルクは変わらないが、カングーでは荷物や人をより多く積載することを踏まえ、トルクの発生回転数は250回転低い1750回転~になっている。

Renault KANGOO
 AT車と同様の運転が可能な6速EDCの採用によるドライブフィールの洗練は目の肥えた日本のミニバンユーザーの新たな選択肢に加わっても見劣りするものでは決してはない。が、近年採用の進む自動ブレーキシステムがルノー本国でも未だ未採用という点は少し残念。こんなときこそ日産とのアライアンス関係を有効に活用できないかと思うのだけれど...。

Renault KANGOO Renault KANGOO
 内外装については基本的な部分に変更はない。が、プライバシーガラスやクルーズコントロール、シートバックテーブルを新たに標準装備している。また7色のカラーバリエーションのうち、"ジョン・アグリュム"という黄色いボディカラーは、日本の専用色だそうだ。

Renault KANGOO
 さてさて、マイペースな存在を放つカングーが1.2L直噴ターボエンジン+6速EDCをラインナップに加え、動力性能や快適性、環境性において周囲のクルマたちと足並みを揃えたことになる。それなのに競争が似合わないこのオーラは何なのだろう。相変わらず、"なんだか文句のないカングー"に変わりがない、というのを最高のホメ言葉にして結びとさせていただきます(笑)。

■ルノー・ジャポン 公式サイト
http://www.renault.jp