テスラ、バッテリー容量を100kWhにアップした「モデルS P100D」と「モデルX P100D」を発表
既に自動車業界では公然の秘密ではあったが、テスラモーターズは8月23日、「モデルS」と「モデルX」に搭載する容量100kWhのバッテリーを発表した。

この最新バッテリーをモデルSに搭載した最上位グレードの「モデルS P100D」では、NEDC(新欧州ドライビングサイクル)モード値で航続距離が613kmとなり、市販電気自動車(EV)で初めて航続距離600km超えを実現。「モデルX P100D」の航続距離は542km(NEDC)と発表されている。

またテスラによれば、モデルS P100Dのルーディクラス・モードは、市販車としては最高レベルの加速を味わうことができるという。0−100km/hは2.7秒と、ポルシェ「918スパイダー」やフェラーリ「ラ フェラーリ」といった一億円超えのスーパーカーに次ぐ性能だ。なお、モデルX P100Dの0-100km/hは3.1秒と、こちらもSUVとしては相当速い。最高出力については今のところ言及されていない。

日本におけるモデルS P100Dの価格は1,480万円から。モデルS P90Dルーディクラスを注文済みで納車前であれば、プラス115万2,000円で100kWhバッテリーにアップグレードも可能だという。既にモデルS P90を所有している場合は、まずオプションのルーディクラスを装着し、それからバッテリーのアップグレード料金を支払えば、愛車は最新の最高グレードと同等になる。

イーロン・マスクCEOは「この開発は非常に困難でした。90から100への進化は、難易度50%増しのような課題でしたね」と報道陣に語っている。さらにマスク氏は、バッテリーの仕組みが複雑化したことで生産数が減少することも示唆している。


By Reese Counts
翻訳:日本映像翻訳アカデミー