Tesla
テスラモーターズ(本社:米国カリフォルニア、会長兼CEO:イーロン マスク)は、本日よりModel Sの新しいバッテリーサイズ、100kWhの販売を開始した。推定航続距離は613 km(NEDC)となり、電気自動車の市販車として初めて600kmを超える圧倒的な航続距離を誇る。スピードオプションである「ルーディクラス モード」を新規で100kWhのP100Dを購入の場合は標準で含まれ、0−100 km/h加速タイムは2.7秒、2シーターの限定生産で1億円を超えるラフェラーリとポルシェ918スパイダー等に次ぐスピードとなる。
「Model S P100D」は1480万円~(消費税込み)で、100%電気自動車、AWD、4ドア、大人5名+子ども2名が乗れるだけでなく、広大なラゲッジスペースを持つ。

Tesla
近日中に日本で発売開始予定のSUV「Model X」にも、100 kWhのバッテリーサイズを選ぶ事が可能。
100 kWhのバッテリーサイズは標準でルーディクラス モードを搭載。Model X P100Dの0−100 km/h加速タイムは3.1秒、推定航続距離はEUサイクルで542km。

P90D にルーディクラスを納車前でオプション追加の場合は、バッテリー容量の追加代金が115万2000円(消費税込み)でバッテリーを100 kWhにアップグレード。P90Dを所有されている方は、100 kWhパックにアップグレードが可能だが、まずオプションで90にルーディクラスオプションを付け、さらにバッテリーの容量追加をすることで、P100D + ルーディクラスとなる。

■ テスラジャパン 公式サイト
https://www.tesla.com/jp/models