Alpinestars 2017 offroad wear
モトクロスウェア&オフロードギアの進化がスゴイ! そう感じたのは7月上旬におこなわれた「ALPINESTARS 2017 MX & RIDE DAY」でのこと。アルパインスターズの最新2017年モデル『TECHSTAR FACTORY JERCY』(¥9,072)と『TECHSTAR FACTORY PANTS』(¥30,024)を実際に着用し、走り込んでみた。

alpinestars 2017 offroad wear alpinestars 2017 offroad wear
愛知県瀬戸市のモトクロスコース「スラムパーク瀬戸」にて、メディア向けに開催されたこのローンチ。バイクウェアの新作発表会としては、じつに大掛かりなものだった。Alpinestars Sales Room は新作ウェアのみならず、モトクロスライディングのために必要な装具一式を、ブーツやプロテクターはもちろんアンダーウェアに及ぶまですべて用意してくれ、さらにコースにはコンディションの整えられたホンダCRF450RやCRF250R、KTM 250SX-Fなどが乗り放題という、まさに至れり尽くせりの状態となった。最新のオフロードライディングギア一式を丸1日思う存分に、コースを走りながら試すことができたのだっだ。

alpinestars 2017 offroad wear alpinestars 2017 offroad wear
まず最初に開かれた商品説明会では、アルパインスターズのイタリア本社から来日したメディア担当ジェレミー・アップルトン氏が次のように述べた。
「我々はこれまでとは違うカタチで、2017年のライディングギヤを紹介したいと考えました。長い歴史で積み重ねてきた技術によって、アルパインスターズの最新モデルたちもまたイノベーションの精神と、ダートライディングに対する深い愛情を今日に至っても継続し、2017年モトクロスコレクションに反映しています」。


新作ウェアとプロテクター類、ブーツも渡され、意気揚々と着替えた。アルパインスターズはまずデザインがいい。

身長175cm、体重64kgのボク 青木タカオだとこんな感じ。
短足なのは仕方がない、小学生の頃はいつも座高がクラスで1番高かったのだから。

ウェアを着込んで、まず感じたのは"軽さ"。アップルトン氏によれば、「強度や耐久性はそのままに、約30%の軽量化を実現している」とのこと。激しいボディアクションが求められるオフロードライディングで、これは間違いなく大きなアドバンテージになる。

そしてフィット感も申し分ない。ストレッチ素材が効果的に用いられていて、袖口や襟元にバタつきがないのはもちろん、背部や腰まわりも丁度いい。まるで自分の体型に合わせて、あつらえたかのような着心地の良さ。

TECHSTAR FACTORY JERCYのサイズ設定は M、L、XLで、Mを選んだ。TECHSTAR FACTORY PANTSは30、32、34とあって、30を履いている。ちなみにグローブは『TECHSTAR GLOVE』(¥6,264)で、S、M、L、XLからMをチョイス。


alpinestars 2017 offroad wear
alpinestars 2017 offroad wear
さぁ、全身アルパインスターズで身支度し、コースに出てみよう。CRFやSX-Fでコースインし、コーナーやジャンプなど様々なセクションをこなして周回を重ねていくと、身体のどこにも負担がかかっていないことに気付く。たいがいオフロード装具を身に纏うと、身体のどこかに重みを感じたりスムーズな動きができなかったりするが、実際のライディングでもシャープに身体が動き、ボディアクションがしやすい。初めて走るコースだったが、コーナーリング中のアクションも走るほどに決まってくるし、ペースもどんどん上がっていく。

alpinestars 2017 offroad wear
特に素晴らしかったのはヒザまわり。パンツには特許を所得した「BABELニーデザイン」が採用され、同社のニーブレイス『FLUID TECH CARBON 』(片側¥52,704)を装着しているにも関わらず突っ張った感じがまるでなく、関節をスムーズに動かすことができた。マシンをホールドするグリップ感もパンツにある。内側のレッグパネルや着座部分には耐熱性と耐摩耗性を両立した補強材があしらわれていて、ニーグリップやシッティングでマシンに荷重を掛けたいときなどにグリップや抑え込みがしっかり効く。


ニーブレイスはアクシデント時に膝が伸びきるのを防ぎ、怪我を軽減・抑制するためのもので、昔ながらのヒザカップと違ってボリューム感がある。そこで気になるのがパンツやブーツとの相性だが、この組み合わせは窮屈さがなくヒザもスムーズに動くし、ブーツの開口部にも難なく収まる。フレームがスネの骨に当たって痛いなどということも一切なく、屈伸運動も難なく可能。長時間の装着でも、どこかに負担がかかるということがなく、付けたままツーリングにも行けそうな快適な装着感に感心するばかりだ。

Related Gallery:alpinestars 2017 offroad wear
alpinestars 2017 offroad wear
ブーツはアルパインスターズのフラッグシップモデル『TECH10』(¥86,184)。今回新しくなった製品ではないが、履き心地の良さに改めて感服する。中にインナーブーティーを履き、微調整の効くバックルで全体的に締め付けることができ、見事なまでのフィット感。新品だというのに足首が思い通りに曲がり、ペダル操作にストレスが一切かからない。一昔前のオフロードブーツからしてみれば信じられないほどの快適性・操作性であるのはもちろん、現行の他社のブーツと比べても最上級の履き心地と言える。そしてアンクルグリップもしやすかったことも付け加えておこう。

alpinestars 2017 offroad wear
上半身も動きが軽かった。ジャージの下には『A-1 ROOST GUARD 』(¥17,064)を付けて走ったが、動きやすく、とにかく軽い装着感が印象的。それでいて衝撃に強いしっかりとしたパネルを持っているから、転倒時も胸部や腹部、背部を確実に守ってくれる。実際にコースでスリップダウンしたが、怪我はかすり傷ひとつなかった。装着感がいいのは、フレーム全体にソフトで軽量なバイオフォームパッドが配置されているからで、こういった細かい配慮もライダーのスムーズな動きに貢献するはずだ。

alpinestars 2017 offroad wear alpinestars 2017 offroad wear
首に装着したのは『BNS TECH CARBON』(¥51.192)。ネックサポートは転倒時の衝撃やダメージを瞬時に首からブレースへ逃がし、首の怪我や二次的ダメージのリスクを軽減するもので、プロのライダーが必ず装着している重要アイテムだ。しかし、個人的にはこれまで首の動きが制限されるような気がして積極的に身につけてこなかった。ヘルメットやプロテクターと干渉しないかも、気になる点であった。

しかし、どうだ。BNS TECH CARBONは、ルーストガードと接触することがまったくなく、上手く収まっている。そして、さすがにカーボンポリマー製とあって軽い。もっとヘルメットと干渉したり、重みを感じたりするものだと想像していたが、存在を忘れてしまうほど身につけていて違和感がない。革新的なクイックリリースロッキングシステムで、ブレースの脱着も素早くできるなど装着に手間取ることもないし、自分にとって今後のオフロードライディングでは欠かせない装具の1つとなりそうだ。

alpinestars 2017 offroad wear
酷暑のなかハードに走り込んだが、疲労度も少ない。TECHSTAR FACTORY JERCYとTECHSTAR FACTORY PANTS の話に戻るが、通気性に優れることから快適性の高さが実感できた。首回りやワキの下、股下など随所に大きめなパンチング加工が施されていて、さらにパンツには空気の流れを考慮した4ウェイストレッチパネルが採用されるなどし、フレッシュエアを効果的にウェア内へ導いてくれている。ただし、真夏向きのフルメッシュジャージというよりもオールシーズン用であり、ウインターシーズンにもまた着て走ってみたいと思う。

alpinestars 2017 offroad wear
こうして全身アルパインスターズでコースを走り込んだが、速く走るためにはマシンももちろん大切だが、身につけるモノも重要だと改めて感じることができた。ウェアの軽さや、プロテクターを身につけても動きの妨げにならないことが、走りのレベルを押し上げてくれるのかもしれない。ストレスなくライディングに集中できれば疲労度の軽減にもつながるし、良いこと尽くめ。

alpinestars 2017 offroad wear
最後には世界で活躍するFMX(フリースタイル・モトクロス)の アルパインスターズライダーたちによるデモンストレーションもおこなわれ、キレのいいボディワークに驚くばかりであった。

alpinestars 2017 offroad wear
写真左:釘村孝太選手、写真右:高橋仁選手。

■アルパインスターズ公式サイト
http://www.alpinestars.com/