ドイツ当局、新たにフォルクスワーゲンのディーゼル車46万台の改修計画を承認
Related Gallery:2011 Volkswagen Polo Bluemotion

ドイツ連邦自動車局(KBA)はフォルクスワーゲン(VW)に対し、1.2リッター・ターボディーゼルを搭載した46万台のリコール開始を承認した。これにより、VWが改修に着手できる不正ソフトウェアを組み込んだ「TDI」エンジン搭載車は、全世界で500万台以上となる。

1.2リッター3気筒ディーゼルは、米国市場向けの2.0リッターTDIエンジンと同じ「EA189」型の中で排気量が最も小さいユニットで、VW「ポロ」セアトのサブコンパクトカー「イビサ」に搭載されている。VWは対象車のオーナーに対し、2段階に分けて改修行程が通知するとのこと。最初の書面はソフトウェアのアップデートに関する告知で、これはすでに送付が開始されている。続いてオーナーに最寄りの代理店へ予約を促す通知が送られる予定だ。

他のEA189型エンジンには、不正ソフトウェアの改修にハード面の調整も必要となるものもあるが、1.2リッターTDIエンジンに関してはソフトウェアのみの簡単な変更で済むという。同社によれば、ポロとイビサのエンジンは改修することで、KBAが定めた「すべての法定要件を満たすことができる」ようになるそうだ。

ドイツでソフトウェアのアップデートが認められた一方、米国市場向けのEA189型エンジンの改修に関しては、VWはいまだカリフォルニア州大気資源局(CARB)と試験を重ねている


By Brandon Turkus
翻訳:日本映像翻訳アカデミー