テスラをライバル視するLeEco社、約1,800億円を投じて中国に電気自動車の生産工場を建設
中国の電気自動車(EV)産業は、まだそれほど多くの車両を生産していないが、政府から強力な援助を受けて爆発的な成長を見せている。その主役の1つを担っている大手電子機器メーカーのLeEcoは、米国の新興EVメーカー、ファラデー・フューチャー社に出資する傍ら、今年4月にはLeEco独自の自動運転EV「LeSEE」を公開。そして今度は、18億ドル(約1,808億円)を投じて浙江省湖州市近くに年間生産台数40万台ものEV生産工場を建設する予定がある事を明らかにした。同社のチャ・ユエティンCEOによれば、新工場は「ファラデー・フューチャー社など、LeEcoの戦略的パートナーを受け入れる予定」とのこと。

この新工場では、コネクテッドカーや自動運転車の特徴を持つEVのみが生産される予定だが、これはLeEcoによると、テーマパークやEV施設、オフィスからなる「エコ・エクスペリエンス・パーク」という30億ドル(約3,019億円)に及ぶ計画の第1段階に過ぎないという。同社はファラデー・フューチャーとの協力関係をより強めていく計画だが、ファラデー・フューチャーもまた、10億ドル(約1,006億円)を投資して、米国ネバダ州にEVの生産工場を建設している。さらに先日、カリフォルニア州ヴァレーホに2つ目の工場を建設する計画を発表したばかりだ。

このようなLeEcoとファラデー・フューチャーの成長は期待させるものがあるが、現在はまだ両社ともに未来的なEVのプロトタイプを披露しているのみで、これらは未だ完成しておらず、もちろん販売もされていない。ファラデー・フューチャーは、最初のEVを2017年には販売開始すると約束しており、これはEVレースカーのコンセプトモデル「FFZERO1」がベースになるという。LeEcoもまた、LeSEEの自動運転車を市販化する計画だ。

一方、彼らがライバル視するテスラはといえば、40〜50億ドル(約4,025〜5,030億円)を投じてネバダ州に巨大リチウムイオンバッテリー工場「ギガファクトリー」を建設中で、既に販売中の「モデルX」と「モデルS」の2モデルに続く「モデル3」を今年3月31日に公開した

注:この記事は米国版『Engadget』に掲載されたSteve Dent記者による記事を転載したもの。


By Engadget
翻訳:日本映像翻訳アカデミー