マット・ルブラン、大幅な報酬アップで『トップギア』の新シーズンも続投か?
視聴者の予想に反し、マット・ルブランが英国BBCの自動車番組『トップギア』のシーズン24へ出演するかどうかは、まだ決定していないようだ。英国のタブロイド紙『Daily Mirror』が、彼の来シーズンへの出演は確約されていないと報じている。

「出演したいけど、まだ正式に何も取り交わしていないんだ。BBC次第かな」と米国CBSのコメディ『Man With A Plan』のプロモーションの際に、ルブランは述べている。

『Daily Mirror』が探し当てた情報によると、ルブランとBBCは来シーズンの出演料として、年俸100万ポンド(約1億3千万円)の契約を口頭で交わしたという。もし不評に終わったシーズン23から『トップギア』の人気を回復させることができなくても、1年という契約期間は十分な長さではないと彼は言い訳できるだろう。それに、たとえ人気が回復しなかったとしても、収入を大幅にアップすることができる。前シーズンでは、司会者を務めたクリス・エヴァンスの報酬が100万ポンドだったの対し、彼の報酬は50万ポンド(現在のレートで約6,500万円)だったのだ。

「前シーズンで、マットは人気だった。彼は番組への出演に意欲的だし、我々も彼に出演してほしいと思っている。だから、この話は実現するだろう。あとは細かい点を詰めるだけだ。彼は間もなく撮影に戻ってくると思う。我々が提示したアイディアに乗り気だ」とBBCの関係者は『Daily Mirror』に語ったという。

BBCは公式にルブランの出演について表明し、「他の出演者の報酬を増やす予定はない」と『Daily Mirror』に述べている。先日お伝えしたとおり、次回の『トップギア』にはマット・ルブランの他に、英国人ジャーナリストのロリー・リード、ベテラン自動車ジャーナリストのクリス・ハリス、ニュルブルクリンクの女王サビーネ・シュミッツ、元F1チーム・オーナーのエディ・ジョーダンが出演することになりそうだ。

ルブラン氏が契約にサインしていないという点は気掛かりだが、同紙によると『トップギア』シーズン24の撮影は9月から始まる予定だという。


By Brandon Turkus
翻訳:日本映像翻訳アカデミー