新型「フォードGT」、幸運な購入権獲得者500人はどのように選定されたのか!?
Related Gallery:2017 Ford GT in white: Detroit 2016

2017年に発売される新型「フォードGT」の購入に興味を持った人は、まずフォードに申込書を送り、審査を受ける必要があるとフォードは告知していた。このスーパーカーを購入できるのは、わずか500人の選ばれた人のみで、その審査結果は既に応募者にメールで通知されている。しかし、その審査結果が明らかになったことから大きな議論に発展しているようだ。

フォードはこの審査に、これまでに何台のフォード車を所有してきたか、どのくらいの頻度でこのスーパーカーを運転するのか等の具体的な数字は要求していないらしい。わずか500台が生産されるクルマに対し6,500人以上の応募があり、このスーパーカーの購入者の選定はすでに終わっている。だが、その購入権獲得者の中には、主にスーパーカーに関する動画をYouTubeに投稿している「Shmee150」氏や、スーパーカー好きとして知られるDJ/プロデューサーのデッドマウス(Deadmau5)などの有名人が選ばれていた。この事実を受け、フォードは真のサポーターの存在を忘れてしまったのではないかと疑う人が出てきたのだ。しかし真相は違うようだ。

フォードの製品開発責任者、ラジ・ナイール氏が『@FordOnline』のインタビューで語ったところによると、新型GTの購入権を獲得した人の69%、つまり500台のうち345台分は過去の歴代フォードGTオーナーであることが判明した。

またナイール氏は、「GTのオーナーに値する応募者の期待に応えていく」と、将来的にGTを増産する可能性があることについてもほのめかしている。先代フォードGTを所有していて実際に運転している人は応募者の中にまだ約4,000人も残っているという。彼らもまた新型GTのオーナーに相応しい人物だということだろう。フォードが応募者へ送った落選通知にも、新型GT増産の可能性が示唆されている。フォードは新型GT購入者の大部分を歴代GTオーナーにすることで、これまでのファンを大事にしていることを明らかにしたのだ。



By Joel Patel
翻訳:日本映像翻訳アカデミー