三菱自動車は、2016年8月11日~21日にインドネシアで開催されているインドネシア国際オートショーで、SUVの力強さとMPVの多用途性を融合させた、スモールサイズのクロスオーバーMPVのコンセプトカー「XMコンセプト」を世界初披露した。

XMコンセプトは、レイアウトの最適化とワイドボディの採用により、乗員7名がゆったりくつろげるMPVとし、三菱が得意とするSUVらしいスタイリングや機能を融合させ、安全に、快適に、楽しく移動できる、インドネシアの大家族に最適なクロスオーバー小型MPVを想定して開発されたコンセプトカーだ。

Related Gallery:2016 Mitsubish XM Concept


エクステリアデザインは、伸びやかでスポーティなボディに高い走破性を兼ね備えた、SUV×MPVコンセプトをダイレクトに表現した三菱らしいデザインとなっている。

フロントには、「アウトランダー」などにも採用されている三菱の新しいデザインコンセプトである、"ダイナミックシールド"を採用。

パワー・パフォーマンスを表現する中央のブラック部をバンパーの左右コーナー部が包み込むような造形とすることで、人とクルマを守る機能がダイナミックに力強く表現されている。

高めに設定された地上高やボディ下部全体を保護するアンダーガードは、インドネシアの未舗装路やスコール時も安心してドライブできる走破性を想定しているとのことだ。


車内には、3列のシートを最適に配置して乗員7名がくつろげる広々とした居住空間を確保し、多彩なシートアレンジを可能にしているとのこと。

3列目の足元スペースはさすがに広くはなさそうだが、着座位置が高めに設定されているので、見晴らしは良さそうだ。


水平基調のインストゥルメントパネルがMPVらしい空間の広がりを演出するとともに、高めに設定した幅広いコンソールや、白と黒のハイコントラストなインテリアカラー、シルバーの加飾などにより上質なインテリアに仕上げられている。

コンセプトカーなのでこのままの姿で登場することはないが、デザイン性やパッケージングには魅力が感じられる仕上がりとなっている。

日本では比較的コンパクトで、7人が乗れるSUVのラインナップはまだまだ少ないので、日本への投入も期待したいところだ。

三菱自動車 2016インドネシア国際オートショースペシャルサイト
http://www.mitsubishi-motors.com/jp/events/motorshow/2016/ims2016/


MITSUBISHI XM Concept / Indonesia International Auto Show 2016