Honda CRF450R
 ホンダの米国現地法人アメリカン・ホンダモーター(本社:カリフォルニア州トーランス 社長:神子柴 寿昭)は、モトクロス競技専用車「CRF450R」のフルモデルチェンジと、このCRF450Rをベースに新開発したエンデューロモデル「CRF450RX」を発表した。

 新型CRF450Rは、モトクロス競技において勝敗に大きく影響する「ホールショットの獲得」を目指し、マシンのトータルパフォーマンスを向上させた。吸排気効率と出力特性をさらに向上させた新設計のユニカムエンジンを搭載し、ディメンションを見直した新設計のフレーム、衝撃吸収性と操縦安定性を高めた前・後サスペンションを採用。新開発のセルモーターとバッテリーをオプション設定とし、扱いやすさの向上にも取り組んだ。

Honda CRF450RX
CRF450RX 2017年型モデルの主な特長は、オフロード走行を想定し、CRF450Rをベースに装備や各部のセッティングを変更。
●セルモーターと付随するバッテリーを装備
●フューエルタンクは、8.5L容量の樹脂製を採用
●サイドスタンドを装備
●タイヤは、フロントに21インチを、リアには18インチのダンロップ製を採用
●フロントとリアサスペンションのセッティングを最適化
●イグニッションタイミング(モード設定)の変更
●エンジンハンガーの剛性を変更
「CRF450R」「CRF450RX」は、2016年内の日本国内発売を計画している。

■ホンダ 公式サイト
http://www.honda.co.jp/motor/