メルセデス・ベンツ、新ブランドから発売する電気自動車を開発中
金融情報サービス『Bloomberg』が改めて報じている通り、メルセデス・ベンツテスラBMWに対抗する電気自動車(EV)の新ブランド設立を計画中だ。メルセデスがこの分野に参入するということは、EVの採算性が高まる可能性があり、今後も主流となりつつあるということだろう。匿名の情報源によれば、同社はセダンとSUVを2モデルずつ用意し、EV市場に参入するつもりだという。

これらの新型車が属する新ブランドの名称については、未だ決定されていないらしい。メルセデスは9月29日に開幕するパリ・モーターショーで、EVのコンセプトカーを公開する予定であることを明らかにしている。以前にもお伝えした通り、このコンセプトカーは4輪駆動の高性能なEVセダンで、1度の充電による航続距離は約500km、市販される際の価格は2,000万円程度になるようだ。

メルセデスの計画に詳しい人物によると、同社はこの新型EVの生産をドイツのブレーメン工場で行う予定だという。その手始めとして、「GLCクラス」に外部充電が可能なリチウムイオン・バッテリーと水素燃料電池を搭載した「GLC F-CELL」の製造が、来年から同工場で開始される。前述の高性能EVセダンが9月に披露される時、この燃料電池SUVもコンセプト・モデルが同時に発表されるのではないだろうか。

メルセデスは2009年に「Bクラス」をベースにした水素燃料電池車、「Bクラス F-CELL」を発表したが、手放しで絶賛されたとは言い難く、以降はEVのみに的を絞ってきた。

EVのラインアップを増やそうとしているドイツの自動車メーカーはBMWとメルセデスだけではない。フォルクスワーゲンもまた、2025年までに30車種ものEVを市場に投入する計画を立てている。


By Joel Patel
翻訳:日本映像翻訳アカデミー