Related Gallery:Elvis Presley's Restored 1957 BMW 507

Related Gallery:Elvis Presley's 1957 BMW 507

2年間に及ぶ大規模な修復作業の末、BMWグループのクラシックカー部門は、故エルヴィス・プレスリーがかつて所有していたロードスター、BMW「507」のレストアをついに完成させた。オリジナルの状態に完全レストアされた今、同車は8月21日から米国カリフォルニア州で開催されるペブルビーチ・コンクール・デレガンスで初公開される予定だ。この507は、1958年12月20日に"キング・オブ・ロックンロール"の元へ納車されたときと全く同じ姿だという。

BMWグループのクラシックカー部門は、ジャック・キャスター氏の納屋で発見された507に様々な手立てを講じて、オリジナルに忠実な状態に復元した。当時を再現したフェザー・ホワイトの塗装には、60年前に使われていたのと同じ方法で、プライマーコート、フィラー、トップコートが塗り重ねられている。これによって507は、新車時と同じ輝きを取り戻した。



最高出力150hpを発揮する3.2リッターV型8気筒エンジンはオリジナルのスペックと同じ状態に組み上げられているが、古い部品だけでなく新品のスペア・パーツも使用されたという。革張りの内装は当時のカタログや古い写真からパターンを再現し、ウインドウ・ハンドルやドア・ハンドルなどの樹脂製パーツは3Dプリンターを活用して製作された。発見された時に紛失していたインストゥルメント・パネルはオリジナルの図面に基づき新たに鋳造したという。その中央には、当時と同じベッカー・メキシコ製のラジオが装備されている。

この507はBMWの創立100周年を記念し、数々のビンテージ・モデルと並んでペブルビーチの会場に展示される予定だ。


By Joel Patel
翻訳:日本映像翻訳アカデミー