マツダの工場で生産されるイタリア車、新型「アバルト 124スパイダー」の日本導入が発表!
Related Gallery:Abarth 124 Spider : Automobile Council 2016

FCAジャパンは5日、幕張メッセで開催中の「オートモビル カウンシル 2016」で、新型「アバルト 124スパイダー」を公開した。

1960年代にフィアットから登場したオープン・スポーツカー「124スパイダー」が、「マツダ ロードスター」のアーキテクチャをベースに同名の新型車として復活したことは既にご存じの方も多いだろう。噂されていた通り、日本市場にはその高性能版であるアバルト 124スパイダーのみが導入されることになった。



車体は基本的にマツダ ロードスターの美点、つまりフロント・ミドシップによる後輪駆動や理想的な前後重量配分、軽量に拘った設計などがほぼそのまま引き継がれている。最大の違いは、往年の124スパイダーを現代的に再構築したかのようなデザインと、そしてボンネットの下に積まれたエンジンだ。マツダが日本製の自然吸気1.5リッター(または2.0リッター)直列4気筒を搭載するのに対し、フィアットとアバルトはイタリア製の1.4リッター「マルチエア」直列4気筒ターボを採用。高性能モデルのアバルトでは、最高出力170ps/5,500rpmと最大トルク25.5kgm/2,500rpmというパフォーマンスを発揮してマツダに差を付ける。ただし車両重量は6速マニュアル仕様で1,130kg(6速オートマティック仕様は1,150kg)と、ND型ロードスターより100kg以上も重い。全長4,060mm × 全幅1,740m × 全高1,240mmというサイズも、ロードスターと比べると145mm長く、5mm幅広く、5mm高い。ヘッドライト(ハロゲンが標準でアダプティブ機能付きフルLEDはオプション)やグリルの存在感が大きいせいか、実車を見てもマツダ ロードスターより大柄な印象を受けた。ちなみに0-100km/h加速は6.8秒(欧州仕様参考値)で、JC08モード燃費は13.8km/L(ATは12.0km/L)。(少なくとも)燃費に関してはマツダの圧勝だ。



イタリアン・デザインのエクステリアには、ホワイト(ソリッド)、レッド(ソリッド)、ブルー(メタリック)、パールホワイト(3層コート)という全部で4色のボディ・カラーが用意され、さらにフロント・スポイラーやドア・ミラーはグレーまたはレッドが選べるようだ。展示車の1台はボンネットやトランクリッドにマットブラックのラッピングが施されていたが、これは参考出展とのこと。ソフトトップはブラックのみ。ツインでデュアルのエキゾーストは、オプションでエンジンの回転数に応じて排気経路が変わる「レコルトモンツァ デュアルモード エキゾースト システム」も設定されている。



インテリアもマツダ ロードスターのレイアウトをベースに、アバルトならではの趣向が凝らされている。アルカンターラとレザー(またはフルレザーも選択可能)が張られたシートは座面と背もたれに横方向のリブが施され、ステアリング・ホイールは12時の位置に赤いマーキング入り。タコメーターの文字盤も情熱的な赤で仕上げられている。



前ダブルウィッシュボーン式、後マルチリンク式というサスペンションの型式はマツダ ロードスターと共通だが、標準装備のビルシュタイン製ダンパーやスプリングの設定など、味付けはアバルト独自のものとなっているという。また、アバルトにはドライブモード・セレクターが備わるため、電動パワーステアリングのアシスト量やスロットル・レスポンス、スタビリティ・コントロールおよびトラクション・コントロールのしきい値(AT車はシフト・ポイントやシフト速度も)が「ノーマル」と「スポーツ」に切り替えられる。この辺りの設定にも、アバルトの指向性が反映されているようだ。10スポークのホイールは17インチで、タイヤは205/45R17というサイズ。赤いブレンボ製4ピストン・ブレーキ・キャリパー(フロント)も標準装備される。



日本における消費税込み価格は、6速MTが388万8,000円、6速ATは399万6,000円と発表された。マツダ ロードスターよりざっと100万円ほど高い。レザーシートとナビゲーションは21万6,000円のパッケージ・オプションだ。生産はマツダの本社工場で日本国籍の姉妹と一緒に行われる。なお、欧州や米国では販売されているフィアット・ブランドの124スパイダー(欧州仕様の最高出力は140ps)は、日本に導入される予定はない。FCAジャパンの方によると、「販売できる台数が限られているので、どちらかに絞るとなると、より差別化が図れるアバルトだけということになった」とのことだ。発売は10月8日(土)から、全国のアバルト・ディーラー(フィアット・ディーラーではなく)にて。詳しい情報は以下のURLから公式サイトでご確認いただきたい。

アバルト 公式サイト
http://www.abarth.jp/