【ビデオ】ヴィン・ディーゼルの娘が映画『ワイルド・スピード8』についてコメント
ヴィン・ディーゼルと映画『ワイルド・スピード』シリーズの関係者たちはこの数ヶ月の間、シリーズ最新作の撮影の舞台裏を披露し続けている。今回はその第8作目について、ちょっと珍しい視点からのコメントをご紹介しよう。ディーゼルの娘、ハニア・ライリーちゃんだ。

ディーゼルからの「ファンはこの映画を観たら大興奮すると思う?」という質問に対し「うん」と即答するなど、彼女の答えを聞いていると最新作は過去最高の出来栄えになりそうだと期待が高まる。なお、ハニア・ライリーちゃんの答えは、映画に登場するクルマではなく主にアクションについてだが、2017年4月14日に全米公開が予定されている最新作の宣伝の中で、既に我々は多くの刺激的な出演車両の姿を目にしている。例えば、レストモッドされた美しいシボレー「コルベット」大改造されたダッジ「チャージャー」、ローカル・モーターズ「ラリーファイター」、ランボルギーニ「ムルシエラゴ」、無限軌道を備えた軽戦車「Ripsaw」、さらには氷上を走れるように改造されたダッジ「ラム」ピックアップがこれまでに確認できている。

これらのクルマに加え、第8弾に登場する俳優陣も豪華な顔ぶれだ。もちろんディーゼルは、ドウェイン・ジョンソンやミシェル・ロドリゲス、タイリース・ギブソン、クリス・"リュダクリス"・ブリッジスと並んで中心的な役を演じる。しかし、それだけではない。"デイム"の敬称を付けて呼ばれる名女優ヘレン・ミレンシャーリーズ・セロン、そしてスコット・イーストウッドといった面々も、ジェイソン・ステイサム、カート・ラッセルと共に出演する予定だ。

アクション・シーンのスタントがあまりに非現実的であったとしても(多分そうなる)、上述の豪華キャストがこのような名車の数々をドライブするとなれば、シリーズ第8弾が来年の春に多くの観客を集めることは間違いないだろう。では早速下の動画をチェックして、今までに聞いた中で一番可愛らしいコメントを確認してみよう。




By Jeremy Korzeniewski
翻訳:日本映像翻訳アカデミー