【ビデオ】米国空軍が、大型輸送機に載せた軍用車両を上空から次々と投下する迫力の映像!
映画『ワイルド・スピード』シリーズの中でも、第7作目となる『ワイルド・スピード SKY MISSON』にはかなり派手なアクション・シーンが盛り込まれている。我々のお気に入りは、大型貨物輸送機の後ろからクルマを投下するシーンだ。今回ご紹介する映像ではそれと似た場面が見られる。ただしスタントマンは一切使われておらず、ヴィン・ディーゼルも登場しない。

このビデオは、米軍の長距離輸送機「C-17 グローブマスター」に8台の軍用車両「ハンヴィー」を積み込む様子のタイムラプス映像と、続いて高度500フィート(約1,500m)を飛行中のC-17からハンヴィーを投下する場面を捉えたダイナミックなリアルタイム映像を組み合わせたものだ。C-17はサウスカロライナ州のチャールストン空軍基地を拠点とする第16空輸飛行隊に所属しており、ハンヴィーの投下はノースカロライナ州のフォートブラッグ陸軍基地で行われた。

YouTubeユーザーのAiirSource Militaryは、米国空軍のビデオを編集し、異なるアングルを非常に上手くつなぎ合わせている。ハンヴィーからの視点の映像では、ゆっくりと上空から落ちていき、激しく地面へ着地する様子がよく分かる。

もちろん、これは軍が適切にハンヴィーの投下を行った際の見事な例である。一歩間違ったときにはどうなるのかは、別の映像でチェックしていただきたい




By Brandon Turkus
翻訳:日本映像翻訳アカデミー