【ビデオ】ランボルギーニ、限定スーパーカー「チェンテナリオ」の走行映像を公開!
創業者フェルッチオの生誕100周年を記念して、ランボルギーニは3月のジュネーブ・モーターショーで、「チェンテナリオ(Centenario:イタリア語で「100周年」という意味)」というスーパーカーを発表した。この生産台数僅か40台の限定モデルが、イタリアのナルド・テクニカルセンターを走る映像が公開されている。

クーペとロードスターが各20台ずつ生産されるチェンテナリオは、6.5リッター自然吸気V12エンジンが最高出力770ps/8,500rpmを発生する史上最強のランボルギーニだ。モノコックとボディ・パネルにはカーボンファイバーを使用、極めて高度なエアロダイナミクスでデザインされている。言わばベースとなった「アヴェンタドール」をさらに過激にしたバージョンである。0-100km/hを2.8秒で加速し、最高速度は350km/hを超える。ちなみに価格は税別175万ユーロ(約2億円)から。

チェンテナリオは既にその40台すべてが予約完売となっているため、我々が実際に乗ってランボルギーニのフェルッチオに対する敬意を感じることはできないが、せめてこのビデオを見てその気分を味わっていただきたい。




by Greg Migliore
翻訳:日本映像翻訳アカデミー