Volvo S60
 XC90が新型プラットフォームを登用し、日本では一番人気のV40がマイナーチェンジを行なったばかりのボルボ。新世代のフレッシュな走りがにわかに活気づいている真っ最中なわけだが、これが完全な世代交代を行う前に、熟成されたボルボの魅力にも今一度触れておきたい。今回はミドルサルーンであるS60を、最もベーシックな「T3」と最強ユニットを搭載する「T6 AWD」で試したのだが、それはじつに味わい深いボルボだったからである。

Volvo S60 Volvo S60
 その基本となるのは、フォードが供給した旧世代プラットフォームとそのリソース。ボルボはフォードとの提携解消後も、これを改良しながら自分たちの車造りを行ってきた。ちなみにマツダも、ランドローバーも、ジャガーも、アストンマーチンもかつてはその傘下にあり、ボルボを含めた各ブランドが親方から「お前はスポーティ、お前はファミリー、お前は...」とその方向性を細かく示唆されていたようで、特にマツダなどは「東洋のアルファ・ロメオを目指せ」とか「ウチとはバッティングすんな!」とうるさく言われ、ちょい引き気味だったと聞く。

Volvo S60 Volvo S60
 ただその中でもよいことはあったと筆者は思う。あの欧州フォードが持つシャシーノウハウ、特に乗り心地がよく接地性が高い粘り腰のサスペンションは、ここから巣立った全てのメーカーが見事に吸収して行った。どれも似た味わいと言ってしまえば簡単だが、ヘンに反発したマツダ以外は、ここからオリジナリティを加えて上手に昇華したと筆者は思う。事実、どのブランドもみんな成功しているではないか。


Volvo S60 Volvo S60
 さてそんな名残を残すV60だが、まず読者の目を引くのは2リッター4気筒にスーパーチャージャーとターボチャージャーを組み合わせ、320ps/400Nmのパワー&トルクを発揮する「T6 AWD」だろう。これはフラグシップモデルであるXC90にも引き継がれるツインチャージャー方式で、排気流速の遅い3500rpm以下の領域はクランクの回転力で過給するスーパーチャージャーが担い、それ以上はターボチャージャーに切り替わる。ボルボはこの先内燃機関を4気筒のみに絞ってディーゼルユニットとの共用化を推進し、来たる電気自動車時代に備えて行く構えだが、そのパワー不足を補う方法としてはかなりアグレッシブ。大人しいイメージがあるボルボだが、晴れて自由の身となった? 今、彼らはクルマ造りを積極的に若返らせて、かつそれを楽しんでいる気がする。

Volvo S60
 ちなみにフォルクスワーゲンもゴルフやポロで、このツインチャージャーをダウンサイジングユニットに投入したことがある。しかしこれはすぐになくなり、現在はポルシェと同じ「可変ジオメトリーターボ」(VGT)に切り替え中だ。VGTは排気温度が低いディーゼルターボで先んじた技術であり、これをポルシェがガソリン車で継続実用したもの(一番最初はホンダ)。ボルボにはその技術がなかったのかどうなのかは裏が取れていないが、少なくともかつて直列6気筒ツインターボをフラグシップにおいていたボルボだけに、エンジンが4気筒になってしまったことも含めこれくらい派手な過給方式を採るのもイメージ戦略としてはありだと思った。

Volvo S60 Volvo S60
 実際このT6ユニットを走らせてみると、速くて快適だ。スーパーチャージャーが効いている領域ではアクセル追従性がリニアで、8速ATがこれをポンポンとシフトアップして行くから、大してエンジンを回さずとも街中からちょっとした高速走行までカバーしてしまう。

Volvo S60
 そしてスポーツモードを選び、パドルをパチパチとダウンシフトすると、世界観は一変する。"スーチャー"でグイッ!と加速体制に入ったあとは、高回転までその過給感が尽きることなく続いて行く。これは間違いなくターボの加速だ。

Volvo S60 Volvo S60
 過給の切り替えによるトルクやブーストの落ち込みは特に感じない。むしろ普段乗りと加速時における二面性の方が強烈で、S60のおっとりしたイメージが完全に払拭されるのが面白い。もちろんかつての直列6気筒に比べて、4気筒エンジンのガサツさは高回転領域に現れる。しかしS60ユーザーが、こうした全開加速をどこまでも続けるような走りはしないだろうし、4WDのトラクションが効いているのか、全開加速でもシャシーにジャダーやぶれは感じられない。あくまでこの"猫を被った感じ"を、大人の余裕として楽しむなら、4気筒エンジンの荒々しささえもが若さと解釈でき、ツインチャージャーにクルマの楽しさを見いだせるはずである。長距離移動が少ない日本の使用環境としては、十分アリな選択だと筆者は感じた。

Related Gallery:Volvo S60

Volvo S60
対して「T3」は、最量販グレードと片付けるには惜しい、玄人受けする一台だ。

Volvo S60 Volvo S60
エンジンは1.5リッターしかないが、ボア×ストロークを70.9×82.0mmとしたロングストロークユニットは粘り強く、ターボの過給を合わせると期待以上に気持ち良く回る。トルコン式のATは6段しかないが、それを退屈に感じさせないのはシャシーのキャラクターが合っているからだろう。

Volvo S60 Volvo S60
 そのハンドリングは中立付近がしっかりと座っていて、直進安定性がすこぶる良好。トーは直進性を優先しているようで、ミシュランタイヤ(プライマシー3)の転がりの良さと合わせてスーッと進むが、ひとたびハンドルを切ればジワッとコーナリングパワーが立ち上がり、軽い鼻先と合わせてしっかりとクルマが曲がる。

Volvo S60
 素晴らしいのは緩やかなRを描く中速以上のコーナーだ。その足回りはT6 AWDと比べてかなりソフトなのだが、結構なスピードで進入してもサスペンションが負けない。ダンパーはじつにゆっくりとロールを制御してターンイン。コーナーミドルでは外側2輪にしっかりと荷重がかかるから、極めて気持ち良くコーナリングできてしまうのだ。試乗したのがセダンボディということもあるが、その走りはしっとりスポーティなのである。
 これこそが、フォードからボルボが盗んだシャシーコントロールの妙味だと思う。絶対的なエンジン性能はないけれど、このコーナリング性能を組み合わせれば、S60 T3は総合評価が非常に高くなる。末期モデルゆえインフォテイメント機能などがXC90世代に対して追いつかない部分もあるが(ナビ画面の小ささなど)、V40でさえまだ完全にそこへは移行しきれていないから、アナタが誠実なセダンが欲しいと思うなら、一度ディーラーへ行ってS60 T3のステアリングを握っているべきだろう。

Volvo S60 Volvo S60
 ボルボジャパンのデータでは、ボルボオーナーは1台に7年くらい乗るユーザーも珍しくないという。そしてこのS60 T3も、長く乗れる一台だと筆者は感じた。

■ボルボ・カー・ジャパン 公式サイト
http://www.volvocars.com/jp