BMW、納屋で発見された元エルヴィス・プレスリーの愛車「507」を完全レストア!

Related Gallery:Elvis Presley's 1957 BMW 507

BMWグループのクラシックカー部門は2年前、"キング・オブ・ロックンロール"と呼ばれた故エルヴィス・プレスリーの愛車、1957年式BMW「507」の完全レストアに着手した。そして、ついに完成した507が、8月21日に米国カリフォルニア州で開催されるペブルビーチ・コンクール・デレガンスで初公開されることになった。

エルヴィスの507は、BMW専門誌『Bimmer』のジャッキー・ジュレ記者が、引退した航空宇宙エンジニアであるジャック・キャスター氏の納屋で発見した。キャスター氏は1968年に同車を購入して以来、手放すことなく所有していたのだ。この507はシャシーナンバーが70079であったことから、兵役にあったエルヴィスがドイツ駐留時に購入した正真正銘のクルマであると確認された。

写真を見ても分かる通り、状態は良いとは言えなかった。ペイントが劣化したボディの他にも、修理や交換、作り直しを要する箇所は数多くあった。さらには、エンジンがシボレー製V8に載せ替えられていることが判明。つまり、新たにBMW製V8を組み上げるだけでなく、改造されたサブフレームまで修理が必要だったのだ。インテリアもまた状態が酷く、シートは一から作り直しが必要で、ダッシュボードは完全になくなっていた。



また、この507は新車から今までの間に8度も塗り直されていたため、その古い塗装を全て剥がさなければならなかった。エルヴィス自身も1度塗装を施している。ドイツが誇る伝説的ドライバー、ハンス・スタックのドライブでレースに出場していた頃には、本来のカラーであるホワイトでペイントされていたのだが、これを買い取ったエルヴィスは、ファンが口紅でメッセージを書き込むことに辟易して、レッドで塗り替えたといわれている。

BMWクラシックカー部門は、このクルマをオリジナルの状態に復元した。つまり、新車当時のホワイトに塗り直したということだ。完全レストアされたエルヴィスの507は、BMW創立100周年を記念して、今年のペブルビーチ・コンクール・デレガンスで他の多くのヴィンテージBMWと共に展示される。詳しい情報や写真を見たい人は、BMWクラシックカー部門のウェブサイトをチェックしてみよう。


By Joel Stocksdale
翻訳:日本映像翻訳アカデミー