ダイハツは、2016年8月2日よりインドネシアの子会社であるアストラ・ダイハツ・モ ーターを通じて、インドネシアで新型多目的乗用車「シグラ( SIGRA )」の発売を開始することを発表した。

シグラは軽自動車の技術、ノウハウを展開して開発された インドネシア専用のMPV。インドネシアのエコカー政策であるLCGC政策適合第2弾となるモデルだ。

Related Gallery:2016 Daihatsu Sigra

シグラは、インドネシア専用車として多人数乗車や多くの荷物を積む点など、現地で求められるニーズを最大限に反映し開発された本格7人乗りAセグメントMPVとなっている。

ちなみに、名前のシグラは、サンスクリット語で「反応がすばやい」といった意味とのこと。なお、このモデルは、親会社であるトヨタへOEM供給も実施される予定となっている。

シグラのプラットフォームは、既に発売済みのコンパクトハッチバック「アイラ」と共通のグローバルAセグメントプラットフォームを活用し、改良して作られているが、インテリアなどは独自のものになっている。

デザイン的には、オーソドックス。ローコストながら、見た目の質感を落とさないようなデザインにまとめられている。


パッケージは、 室内空間を最大限に有効活用する技術とノウハウを生かした本格的MPVとなっており、小型車ながら大人7人が快適に座れる居住空間と、日常生活で求められる荷物収納スペース、さらに高い小回り性を実現している。

ダイハツは今後も軽を基点とした小型車開発を日本と海外で推進するとともに、インドネシアをはじめとしたアセアンにおける自動車の普及と、自動車産業の育成に貢献していくとのことだ。


エンジンはダイハツがアセアン向け次世代エンジンと位置づける新型NRエンジン(1.2L)と、燃費性能・出力などを改良したKRエンジン(1.0L)を搭載している。

販売終了となっている「パッソセッテ」の後継にもなりそうなモデルだが、日本市場ではトヨタシエンタ」やホンダフリード」のようにスライドドアが必須となっているので、日本へこのまま導入しても難しそうだ。

右ハンドル設定があるだけに、もう少しインドネシアのクルマ社会が成熟して来れば、日本市場との共有化ができるようになり、もっと面白くなるに違いない。

ダイハツ 公式サイト
http://www.daihatsu.com/