電動に改造された「コルベット」が、公道走行可能な電気自動車の最速記録を再び更新
今や、いわゆる"グリーン"なパフォーマンカーは決して目新しいものではない。200mph(約321.9km/h)以上の最高速度を叩き出すハイブリッドカーも少なくとも4台は存在するし、テスラ「モデルS」は古典的なパフォーマンスカーに度々恥ずかしい思いをさせている。しかし、最新のスーパーカーと張り合える電気自動車の登場まで、あとどのくらい待てばよいのだろう?Genovation Cars社がこのまま頑張ってくれたら、それほど長くは掛からないはずだ。

メリーランド州ロックビルを拠点とするGenovation Cars社がシボレー「コルベット」をベースに製作した電気自動車「Genovation Extreme Electric (GXE)」は、205.6mph(約330.9km/h)という最高速度を達成し、今年2月にマークした186.8mph(約300.6km/h)を上回り、"最速の公道走行可能な電気自動車"という記録を自ら塗り替えた。第6世代の2006年型「コルベット Z06」を大幅に改良したGXEは、7月28日にフロリダ州ケープカナベラルにあるNASAケネディ宇宙センターのスペースシャトルの着陸施設の滑走路で今回の挑戦を行い、5ヶ月前を凌ぐ素晴らしい走りを見せた。

記録と同様に印象的なのは、このGXEというクルマの素晴らしさだ。最高出力505hpを発生するコルベット Z06の7.0リッターV8エンジンは取り払われ、代わりに最高出力660hp、最大トルク82.95kgmを超えるという電動パワートレインを搭載。2基のモーターと44kWhのバッテリーを組み合わせ、良識的な速度なら約130マイル(約209km)の距離を走行可能だ。Genovation Cars社は、バッテリーや電気モーターを搭載したことでZ06の車両重量がどれほどになっているかは明かしていないが、前後重量配分はV8エンジンを搭載していたときと同様に50:50を実現しているという。


By Brandon Turkus
翻訳:日本映像翻訳アカデミー