BMW、レースモデルの新型「M4 GT4」開発を発表
自動車メーカー製のレース用車両を手に入れることは、資金さえあれば簡単だ。マツダポルシェをはじめとする多数のメーカーが、購入してそのままレースに出場できる競技用車両を販売している。そしてBMWは今回、既に成功を収めているE92型「M3 GT4」の後継として、新型「M4 GT4」を2018年シーズンに向けて開発すると発表した。

GT4カテゴリーは、FIA(国際自動車連盟) GTレースの最下位クラスにあたる。アマチュア・レーサーが中心で、車両規定もかなり厳正だ。全マシンは最低1名のアマチュア・ドライバーがドライブする必要があり、アマチュアを定義する要件も非常に具体的かつ明確となっている。このGT4カテゴリーには、BMW以外にもアストンマーティン、ポルシェ、マクラーレンなどが車両を用意している。

BMWモータースポーツによって開発されるこの新型M4 GT4は、M3 GT4と同様にFIA GT4カテゴリーのホモロゲーションに準拠。BMWによるとこのM4 GT4には、公道用モデルの「M4クーペ」が搭載している最高出力431psの3.0リッター直列6気筒ツインターボ・エンジンと電子制御装置がそのまま使われるという。先代のM3 GT4はやはり公道仕様と同じ最高出力420hpを発生する高回転型の4.0リッターV型8気筒自然吸気エンジンを搭載していた。さらにM4 GT4では、限定モデル「M4 GTS」と同じカーボンファイバー強化樹脂製ボンネットなどが装備されるようだ。

現在のところ、車両重量や燃料タンク容量などの詳細は明らかにされていない。トランスミッションの仕様も不明だ。より小さな3,000ポンド(約1,360kg)をわずかに超えるM3 GT4に比べ、どのくらい重くなるのかも分からない。内蔵エアジャッキ、ロールケージ、軽量バケットシートなどの競技対応パーツはもちろん装備されるはずだ。

M4 GT4は、2018年シーズンのデビューに向けて、2016年末からテストを開始する予定。待ちきれないという人は、BMWが販売している別のレース用モデルを購入することも可能だ。現時点で、より上位クラスの「M6 GT3」と入門向け「M235iレーシング」が販売されている。M4 GT4のペダルボックス、ブレーキ、シートといったパーツは、M6 GT3と同一のものが装着されるという。

価格は未発表だが、参考までに先代のM3 GT4は約14万ドル(約1,430万円)だった。M4 GT4の販売開始は、2017年後半になる予定だ。


By Reese Counts
翻訳:日本映像翻訳アカデミー