【ビデオ】トヨタ「86」にフェラーリのV8エンジンを移植!
プロドリフター、ライアン・トゥレック最新プロジェクトは、トヨタ「86」フェラーリ「458」のF136型V8エンジンを移植するという前代未聞のクレイジーなプロジェクトだ。これが完成すれば驚異的な1台になることは間違いないが、大きなイタリア製エンジンをコンパクトな日本車に搭載するのは一筋縄ではいかないようだ。

このエンジン換装で最も高いハードルの1つが、V8エンジンを86の狭いエンジン・ルームにどうやって押し込むかということだ。フェラーリのV8エンジンは、86の2.0リッター水平対向4気筒エンジンより長く、高さもあるため、トゥレックのチームは大がかりな加工作業を余儀なくされた。また、トゥレック本人が明かしたところによれば、このクルマは競技では使わないということだ。そうすることで、ボディの補強や特製パーツの使用など、競技規則の枠を超えた改造が可能になるからだ。

やるべきことはまだ山ほどありそうだが、トゥレックは今年10月までにクルマを完成させると語っている。YouTubeチャンネル「Donut Media」にて、本プロジェクトの開発段階をはじめ、プロジェクトのあらゆる過程を伝える動画がこれから公開されていくそうだ。




By Joel Patel
翻訳:日本映像翻訳アカデミー