富士重工業は、今秋発売予定の次期型「インプレッサ」の国内仕様車の右ハンドルモデルを2016年7月26日に公開した(左ハンドル仕様はこちらを参照)。

第5世代となる新型インプレッサは、富士重工業が中期経営ビジョン「際立とう2020」において次世代モデルの第1弾として位置づける戦略車だ。

最高の「安心と愉しさ」を提供することを目指し、次世代プラットフォーム"SUBARU GLOBAL PLATFORM"をはじめとした様々な新技術を投入。「総合安全性能」と「動的質感・静的質感」の大幅向上を実現しているとのことだ。

「総合安全性能」は、スバル初となる歩行者保護エアバッグ(画像)とアイサイト(ver.3)を全車に標準装備。また新プラットフォーム採用により危険回避性能向上と、衝突エネルギー吸収量現行車比1.4倍と衝突安全性能を飛躍的に高めることで、乗員・ 乗客はもとより周囲の人々も含めた安全を一層強化している。

Related Gallery:2016 Subaru Impreza


公開されたのは、5ドアハッチバックの「インプレッサ SPORT」(左)とセダンの「インプレッサG4」(右)だ。

次期型インプレッサの「動的質感・静的質感」は、見て、触れて、走って、乗って感じるすべてを人々の心動かす領域まで仕上げることを目指して開発された。

動的質感としては、新プラットフォームを採用しボディとサスペンションの剛性を大幅に向上させることで、不快な振動騒音が無く、思い通りに走り、快適な乗り心地を実現。

ちなみに、パワートレインは、2.0Lの水平対向デュアルAVCS直噴4気筒DOHCのBOXERエンジンに無段階変速のリニアトロニックが組み合わされている。駆動方式は、現行モデル同様FFとAWDが用意された。


また、静的質感としては新デザインフィロソフィー"DYNAMIC x SOLID" を量産モデルとして初めて全面採用。機能性とデザイン性を両立し、内外装の細部の仕上げに磨きをかけることで、スバルの次世代を担うコンパクトカーとして、クラスの枠にとらわれない高い質感を追求している。

ぶつからないクルマとして認知度の高いアイサイト搭載車の追突事故低減効果などは実証済みだが、今回歩行者保護エアバックが全車標準装備された。

アイサイト(ver.3)では、カメラの広角化と高解像度化により、横断歩行者や自転車のはみ出し対応も強化。より確実なシステムの作動を可能にし、クルマだけでなく歩行者や自転車も制御対象として認識するようになった。

つまり、人にぶつからないのだから、歩行者保護エアバックは不要では?と思う読者もいるかもしれないが、飛び出しや横方向からの侵入に対しては、やはり防ぎ切れない場合もあるとのこと。

人身事故は誰にでも降りかかる可能性がある重大なアクシデントなだけに、ぶつからない、万が一ぶつかっても被害が最小限に抑えられる機能を標準装備とした次期型インプレッサは推奨に値するクルマとなるだろう。

新型インプレッサ専用WEBサイト
http://www.subaru.jp/impreza/


Newインプレッサ コンセプトムービー