フォードとMIT、LiDARとカメラで周囲の歩行者を認識・記録する小型電動車両を開発
フォードは他の企業や団体と協力しながら、真剣に新しいモビリティの開発を続けている。同社は今回、マサチューセッツ工科大学(MIT)と手を組み、カメラとLiDAR(レーザーによって物体の位置、距離、形状を特定するシステム)が搭載された3台の電動小型車両を作り上げた。

9月からMITの一部の学生・教職員向けに構内の移動用シャトルとして導入されるこの小型車両は、スマートフォンのアプリを使って呼び出すことができる。どこかで聞いたことのあるシステムのようにも思えるが、車両はLiDARとカメラを搭載しているため、キャンパス内を行き交う人々をモニタリングすることができる。周囲を歩いている人々を認識し、行動パターンを記録するという。いずれ、MITは人々が向かう目的地や歩いているルートを把握し、この小型車両を最適な場所に配置できるようになるだろう。

また、フォードもミシガン州ディアボーンにある本社で、従業員向けに類似の配車システムを取り入れている。同社はこのプロジェクトにより、モビリティ・サービスや技術の応用だけでなく、自動運転システムの開発にも役立つ情報を得られるだろうと説明している。目の前の状況を読み取り、認識するシステムは、自動運転に欠かせない機能である。つまり、このプロジェクトのテストを行う機会が増えれば、それだけ自動運転システムの開発が進むというわけだ。

フォードがこのプロジェクトに注力する背景には、同社が未来のモビリティ産業で先導的立場に立ちたいという狙いがあるようだ。フォードはこれまでにもUberLyftのようなライドシェアリングサービスのプロジェクトを立ち上げ、自動運転車への応用を視野に入れた技術開発のテストを行ってきた。今後、このような取り組みがフォードにどのような成果をもたらすか、実に興味深い。


By Joel Stocksdale
翻訳:日本映像翻訳アカデミー