新車同然の2000年型フォード「マスタング・コブラR」が、eBayで売り出し中!
後のなればよく分かると言うが、確かにそのとおりだ。フォードから史上最高にホットなポニーカーの1つである、あの「マスタング・コブラR」が2000年に登場した時、多くのマスタング・コレクターはこれを何としても手に入れようとまではしなかった。

300台しか生産されなかったマスタング・コブラRは、全車が鮮やかな"パフォーマンス・レッド"のボディ・カラーで塗られ、385hpを発するV8エンジンを搭載していた。それだけではない。サーキット走行向けに不要な装備が省略され、最大限の高性能化が図られたマスタングだったのだ。この非常にレアなクーペは、特に2000年当時に手に入れそびれたコレクターたちに今や大人気となっている。

その300台のうち135台目に製造されたコブラRが、現在オークション・サイトのeBayで売り出し中だ。しかも驚くことに、ほぼ新車同様であるという。走行距離計の数字はわずか84.5マイル(約136km)に過ぎず、工場出荷時に窓に貼られたステッカーもそのまま、シートを覆うビニールカバーも残っているという、信じがたいコンディションである。



発売当時、コブラRは史上最速のマスタングとして設計された。0-60mph(約96.6km)加速は4.7秒で、クォーター・マイル(約402m)は13.2秒。最高速度は170mph(約274km/h)を超える。エンジンはフォードの5.4リッター32バルブV8をチューンしたもので、6速マニュアル・トランスミッションのみがこれに組み合わされた。

通常のマスタング・コブラより2万4,000ドル(現在のレートで約250万円)高かった"R"仕様には、レカロ製シート、18インチ・アルミホイール、21ガロン(約80ℓ)の安全燃料タンク、レース仕様のショックアブソーバーとスプリング、サイド出しのエキゾーストなどが含まれていた。他にもラジエータ、オイルクーラー、燃料ポンプ、ブレーキなどがアップグレードされている。一方、標準仕様のマスタングに装備されているエアコンやラジオ、スピーカー、リアシートといったものは取り外された。上記全てを含めた価格は5万4,995ドル(現在のレートで約580万円)。当時のマスタングとしてはかなり高価だった。



現在はそれよりもさらに高くなり、eBayでは7万9,995ドル(約838万円)という売値が付けられている。しかし、コブラRの希少性や、わずか84.5マイルしか走行していないことを考えれば、高すぎるということはないだろう。

注:この記事は『BOLDRIDE』に掲載されたZach Doell記者による記事を転載したもの。


By BoldRide
翻訳:日本映像翻訳アカデミー