【ビデオ】転倒させられたスケボー青年が、仕返しにマクラーレンのフロントガラスを破壊!
米国コロラド州デンバーで、マクラーレンに接触されたスケートボーダーが、持っていたスケートボードで25万ドル(約2,650万円)のスーパーカーのフロントガラスを叩き割り、ドライバーに仕返しするという事件が起きた。人気アイスクリーム店「Little Man Ice Cream」に並ぶ長蛇の列を撮影していたPaul Gonzo氏が、偶然その現場を捉えた動画をYouTubeに投稿している。

事の顛末はこうだ。オレンジ色のマクラーレン「MP4-12C」は、一時停止の標識を無視して横断歩道に侵入し、道路を渡ろうとしていたスケートボーダーに接触、転倒させた。すると、マクラーレンを運転していた人物はあろうことか、この青年に向かってクラクションを鳴らしたのだ。次の瞬間、カメラフレームの外でガツンという音がして、スケートボードを小脇に抱えた青年が逃走。その直後、マクラーレンの助手席から男性が飛び出し、12Cのフロントガラス中央に大きな亀裂を入れたスケートボーダーを追いかける。当のドライバーは、助手席側の跳ね上げ式ドアを閉めると、V8ツインターボの咆哮を響かせ走り去っていった。

CBS系列ニュースチャンネルのCBS4デンバーによれば、現場に居合わせた大勢の人々がスケートボーダーは悪くないと考えているようだ。デンバー警察はCBSの取材に対し、動画を確認したことを認めたが、いずれの当事者からも通報はないため、違法行為は発生していないという認識を示した。マクラーレンは、レンタカー会社が所有する車両であるという。事件が起きた際に運転していた人物については不明だ。この動画は大きな話題となっており、投稿から1週間で800万を超える視聴回数を記録している。

追記:後日談はこちら




By Erin Marquis
翻訳:日本映像翻訳アカデミー