【ビデオ】モーガン、英国の老舗百貨店と提携して「EV3」の限定モデルを発売
クラシックなスポーツカーの製造で知られるモーガンは、「3ホイーラー」の電気自動車版を数年前から開発していた。昨年10月にはその試作車が公開され、そして今年3月のジュネーブ・モーターショーで、ついに「EV3」と名付けられたコンセプト・モデルを発表。その魅力を存分に見せ付けた。見た目はレトロでも電動パワートレインを搭載したこの小型3輪自動車は、1930年代のレースカーを彷彿させる。我々は、このEV3が市販化されるのを首を長くして待ち続っていたのだが、ようやくその時がやってきた。

モーガンによるEV3の初期生産車は、英国の高級百貨店セルフリッジズとのコラボレーション・モデル「EV3 UK 1909」として発売されることになった。多少の変更はあったものの、麗しい外観のデザインは嬉しいことにコンセプト・モデルとほとんど同じだ。公道走行に向けて、気の利いたウインド・スクリーンとサイクル・フェンダー、サイド・ミラー、そしてフロント・グリルに2つ目のヘッドライトが新たに装着され、ホイールはディスク・タイプとなった。コンセプト・モデルに見られた助手席を覆うハード・カバーはなく、代わりにロールバーが追加されている。

このEV3 UK 1909は限定19台のみが生産され、英国の老舗百貨店を介して販売される。モーガンによるとこの限定モデルは、共に1909年に設立した両社の歩みを祝うため、共同で開発が行われたそうだ。「各車に割り振られた01から19までのナンバーを刻印した小さなブロンズ製プレート、ブロンズ製グリル、最良の英国製素材を用いて仕立てられたインテリアやハードウェア」が備わるという。英国の製造技術については余計なジョークは控えた方がよいだろう。また、英国を代表する9つのファッション・ブランドから、このクルマに似合うグローブやシューズ、ブルゾン、ゴーグル、トランクなど、オーダーメイドの「Driving kit」が提供されるという。

もしこの限定モデルを手に入れられなかったとしても、「VIP モーガン・エクスペリエンス」ツアーに参加するチャンスがある。抽選に当たった人はモーガンの工場を訪れ、3ホイーラーに試乗するなど様々な経験ができるそうだ。応募は7月26日の正午12時(現地時間)まで、誰でも申込み可能だ。当選者は8月24日に工場を心ゆくまでガイド付きで見学することができる。

現在のところ、モーガンはこの限定モデル以外の通常モデルとして販売されるEV3については何も発表していない。19台の生産が完了した後には、我々の気持ちに応えてくれることを願うばかりだ。まずは公開された映像を楽しんでいただきたい。抽選の詳細についてはセルフリッジズの公式サイトでご確認を。




By Joel Stocksdale
翻訳:日本映像翻訳アカデミー